お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

スタンド花配達専門サイト 開店祝い.com 当日配達可能! 全国送料無料! 開業・開店・コンサート・劇場・ライブ・展示会・パーティーなどに、お祝い花・スタンド花を贈ってみませんか?

お花に関するまとめコラム

ガーデニングにおけるタブー③お隣の庭木編

ガーデニングにおけるタブーについての3回目も、お隣の庭木についてお送りしていきます。前回のお話で、お隣の庭木の枝、根が自分の敷地に伸びてきた場合の対処はお分かりになったかと思います。ではお隣の庭木は柿の木で、伸びてきた枝に実った柿の実が自分の敷地に落ちた場合、その柿の実は一体誰のものになるのでしょうか。

|自分の敷地にあるものは自分のもの?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/129265?title=柿の木

枝から離れて自分の敷地に落ちたのだから、自分のものという感じもします。しかしこの事例も法律に照らし合わせることができるのです。民法89条1項は「天然果実は、その元物(げんぶつ)から分離する時に、これを収取(しゅうしゅ)する権利を有する者に帰属する」と定めています。この条文を見ただけでは、柿の木と何の関係があるのか分かりませんね。

|民法89条1項に当てはめる

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/754752?title=柿

天然果実とは果物のことだけをいうのではありません。リンゴやミカンなどの果物はもちろん、牛の牛乳や鉱山から掘り出される鉱石など、物から生じる産出物を指します。そこで「天然果実=柿の実」「元物=柿の木」と置き換え条文に当てはめてみましょう。「柿の実は柿の木から分離する時に、これを収取する権利を有する者に帰属する」となります。

|自分の敷地に落ちていても隣人の所有

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1375366?title=柿

柿の実を収取する権利があるのは、本来柿の木の所有者。柿の木の所有者とはお隣さんです。たまたま枝が伸び柿の実が自分の敷地に落ちたとしても、その所有権はお隣さんにあるのです。「自分の敷地内にあるのだから食べてしまおう」というのはNG。「柿が落ちてましたよ」とお隣に届けにいって「どうぞ召し上がって」と言われたら食べてもいいのです。

|まとめ

柿は勝手に食べてはいけませんが、お隣の竹の根が伸び、自分の敷地に生えてきたタケノコならばどうでしょう。この場合タケノコは土地の天然果実とするという裁判例があります。つまりタケノコはお隣の竹から生じたものではなく、土地から生じたものと考え、お隣に声をかける必要なく食べることができるというわけなのです。

ガーデニングにおけるタブー②お隣の庭木編

前回はマンションでのガーデニングについてお話ししましたが、今回は一戸建ての場合について考えてみたいと思います。隣の家の庭木が伸びて、自分の敷地に枝を伸ばしてきて困っている場合、あなたならどうしますか。自分の敷地内のものだから、こちらで枝を切ってしまってもよいのではと悩むところかもしれません。ガーデニングにおけるタブーの2回目は、お隣の庭木編です。

|民法233条に明確な規定あり

出典:https://www.photolibrary.jp/img530/257805_5102490.html

庭木を植えたものの、なかなか手入れができなくて枝が伸びてしまうということもよくある話。しかしいくらお隣とはいえ、自分の敷地に枝が大きく伸びたままというのは、あまり気分がいいものではありません。このようなケース、実は法律に明確な規定があります。民法233条1項「隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる」というもの。お隣に枝を切るように請求することができるという定めなのです。

|具体的な損害があれば請求できる

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/486690?title=白壁の新築住宅

つまりお隣にお願いはできるけど、自分で枝を切ることはできないのです。勝手に枝を切ってしまうと、不法行為としてお隣に損害賠償を請求される可能性が出てきます。またお隣へ枝を切るようにとの請求は、どんな場合でもできるわけではありません。枝が伸びたことによって、具体的な損害が生じたり、生じるおそれがある場合に限られていると解釈されています。具体的な損害とは、例えば大量の落ち葉が屋根に落ち屋根が傷む、雨樋が詰まるといったケースです。お隣にお願いしても枝を切ってもらえなかった場合は、訴訟において請求することになります。

|根が伸びてきたらお隣の承諾は必要なし

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1314644?title=木の根元

一方、同じ民法233条の2項を見てみましょう。「隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる」枝は切ってはいけないけれども、根の場合は勝手に切ってもいいことになります。しかし勝手に根を切って、木が枯れてしまった場合には権利の濫用となり、保護されないこともあります。法律上お隣の承諾は必要ありませんが、実際はお隣に断って進めるべきでしょう。

|まとめ

空中の場合と地下の場合で、条文がそれぞれ違い内容も真逆なのです。法律上の解釈はもちろん大事なことではありますが、枝であっても根であっても、お互いに話し合い対処できるのが一番望ましいもの。ガーデニングを楽しむ上でも、ご近所への思いやりや配慮は欠かせないのです。

ガーデニングにおけるタブー①マンション編

季節の花々や緑に囲まれるのは、日々の生活を豊かにしてくれるもの。花を植えたり飾ったりすることは、個人の自由ではありますが、マナーや法律の上で気をつけておきたい点があります。今回のシリーズは「ガーデニングにおけるタブー」。第1回目はマンションでのガーデニングについてお送りしていきます。

|災害時の避難経路を確保

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/847493?title=ワンルームマンション

一戸建てのような庭がなくても、ベランダで花や野菜を育てて楽しんでいる人は多いことでしょう。ベランダは居住者が自由に利用できるものと考えがちですが、本来共用部分であり居住者が専用使用権を有してるに過ぎません。ベランダやバルコニーは、災害などの場合に避難経路となるものです。隣のベランダとの障壁を塞ぐように植木鉢やプランターをを並べたりせず、十分な経路を確保した上でガーデニングを楽しみましょう。

|ベランダには耐荷重がある

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/723136?title=ベランダの花

またどんなベランダにも耐荷重があります。ガーデニング資材は意外と重量がかかるものです。土や植木鉢のほか、デッキパネルや砂利などを敷き詰めることもあるでしょう。テラコッタ鉢などおしゃれで見栄えもいいものですが、土を入れた状態での重量は相当なものになります。ベランダの耐荷重を確認し、なるべく軽量な資材を用いるようにしたいものです。

|古土の処理は地域の規定を確認

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/134430?title=幻想的な花147

土のないマンションゆえ、土の処理も問題になってきます。自分の庭ならばそこで古土を処分することもできますが、マンション住まいではそういう訳にもいきません。土の処分に関しては、お住いの地域のゴミの処理規定に沿って処分するか、ホームセンターなどで古土の引き取りをしてくれるところもあるので利用しましょう。空き地などに捨てる行為は不法投棄になり、生態系へ影響を及ぼすこともあります。

|まとめ

そのほか水やり、肥料や薬剤の散布の際には、隣家や下の階への影響を考え行いましょう。手すり近くに植木鉢や資材を置く場合は、落下の危険性も考えられます。また枯葉や土などをそのままにしておくと、ベランダの排水溝が詰まってしまうケースも。マンションの管理規約にはベランダの利用や避難経路、耐荷重についての規約が定められています。今一度よく内容を確かめ、規約を守った上でガーデニングを楽しみたいものです。

黄色が鮮やかキンシバイ

花の中心に、いっぱいある黄色のおしべを「金の糸」に、5弁の花の形が「梅」に似ているためキンシバイの名前の由来になっています。

|特徴

出典:https://www.flickr.com

出典:https://www.flickr.com

中国原産で、江戸時代の1760年頃に渡来したといわれています。キンシバイはオトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉小低木。 本種のことをヒペリカムということも多いですが、ヒペリカムは、オトギリソウ属のラテン名であり、必ずしも本種とは限らないようです。

|由来

出典:https://commons.wikimedia.org

出典:https://commons.wikimedia.org

キンシバイの仲間(オトギリソウ属)の日本原産種には、薬草として知られるオトギリソウ(Hypericum erectum)やトモエソウ(H.ascyron)など20種ほどがありますが、いずれも草本植物です。オトギリソウは「弟切草」と書き、その由来には以下のような話が伝えられています。

|育てる環境

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://ja.wikipedia.org

日向でも半日陰でも丈夫に育つ丈夫な花です。株分けでもすぐ増やすことができます。あまり剪定の必要はないですが、小さくしたいときは強く剪定してもいいでしょう。

|特徴その2

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

葉は対生で長い楕円形。寒地では落葉しますが、暖かい地方では落葉しないことがほとんどです。初夏、枝先に濃い黄色で、五弁の花を次から次に咲かせます。枝は下垂します。

|まとめ

キンシバイによく似たヒペリカムがあります。ヒペリカムは花も綺麗ですが、どちらかというと実が人気ですがキンシバイは花がメインです。よく茂った濃い緑色の葉に映えるキンシバイの黄金色の花は、初夏から夏へと移り変わる季節を知らせてくれます。

すごいドクダミパワー

何やら怪しい名前のドクダミは臭いも個性的な強い香りがします。しかし、道端の一角でかわいらしい白い花が一斉に咲いている風景は可憐な情景にも見かけられます景色です。

|怪しい別名

出典:https://www.flickr.com

出典:https://www.flickr.com

ドクダミはドクダミ科ドクダミ属の多年草。 別名、ドクダメ(毒溜め)、ギョセイソウ(魚腥草)、ジゴクソバ(地獄蕎麦)などとすさまじい名前もついています。どくだみの名称は「毒矯み」(毒を抑える)から来ているようです。

|環境

出典:https://www.flickr.com

出典:https://www.flickr.com

住宅の周辺や道ばたなどに自生しています。半日陰地を好み、強い香りがあります。茎頂に、4枚の白色の花に見える総苞があり、中心部分には棒状の花序に淡黄色の小花を密生させる(総苞は実質イミテーション)ています。 繁殖力が高く、ちぎれた地下茎からでも繁殖する植物です。

|ドクダミの偉大な力

出典:http://opencage.info/pics/large_11639.asp

出典:http://opencage.info/pics/large_11639.asp

ドクダミは十薬(じゅうやく)とも呼ばれる薬効の高い植物なのです。ドクダミの茶はカルシウムも豊富に含まれています。体内の毒素をデトックスしてくれ美容・健康に大いに役立つ効果があるようです。

|雑草と呼ばないで!

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://ja.wikipedia.org

ドクダミは日本ではまぎれもない雑草扱いです。しかし、八重咲きのものや葉に乳白色の斑が入るものもあります。この斑入りのドクダミは日本では「ゴシキドクダミ」、海外では「カメレオン」と呼ばれているもので、やや強めの日光を当てて乾燥気味に管理すると葉全体が赤みを帯びてとても美しくなります。

|まとめ

古くから薬草として利用され、解毒や利尿などの効用があるといわれているドクダミは、東南アジアでは野菜のように食用としても使われます。独特の臭気があり、日陰のじめじめしたところにも群生していることが多いので、あまりよい印象を受けないのですが、白い清楚な花は可憐で、なかなか味わい深いものです。

小花がかわいいカタバミ

道端などでかわいらしく咲いている姿を見るとつい足を止めてしまうほどのかわいいお花、カタバミ。クローバーに似た葉っぱも愛らしいです。

|名前の由来

出典:http://f.hatena.ne.jp

出典:http://f.hatena.ne.jp

カタバミはカタバミ属の学名が「オキザリス」。オキザリスは、ギリシャ語の「oxys(酸っぱい)」が語源になっています。葉や茎にシュウ酸水素ナトリウムなどを含み、酸味があることから、ギリシャ語の「oxys(酸っぱい)」が語源からきているようです。

|特徴

出典:https://ja.m.wikipedia.org/

出典:https://ja.m.wikipedia.org/

道端でよく見かけるクローバーのような3枚葉を持ち小さな黄色い花を咲かせます。花は春から夏にかけて咲き、地下に球根があり、その球根から、太い根を出し増えていきます。また種でも増えます。種が勢いよく飛びだして繁殖するという、ほとんど出来うる限りの繁殖方法で増えるため、一旦生えてくると駆除が難しい雑草扱いされてしまいます。

|カタバミとオキザリスの違い

出典:https://www.flickr.com

出典:https://www.flickr.com

花や葉っぱの形は、オキザリスにそっくりですが、「カタバミ」はオキザリスに比べて花が小さく、葉は3枚。葉の形はクローバーに似ています。クローバーとの違いは花の形でわかりますが、オキザリスとの違いはよく区別がつきません。

|タネがはじけ飛ぶ

出典:http://opencage.info

出典:http://opencage.info

カタバミが咲き終わり、やがて種ができます。その種がはじけ飛んでやがて同じ場所で花を咲かせる自然のサイクルはすごいパワーを秘めています。

|まとめ

春から夏にかけて開花しますが、ほぼ1年中どこかで見かけます。開花するのは昼間だけで夜は閉じ、葉っぱも雨が降ったり夜になると閉じるという不思議な花です。

次ぎ次と咲くナツツバキ

ナツツバキは、夏になると椿に似た白い花を咲かせるのでその名が付きました。グリーンの葉と白い花のコントラストが素敵です。花びらを散らすことなく花全体がポトりと落ちる椿特有の散り方をします。

|特徴

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com


別名、沙羅の木(しゃらのき)と呼ばれ、近縁ですが椿の仲間ではなくツバキ科の耐寒性落葉高木です。ツバキ科の中でも数少ない落葉樹です。綺麗な白色の花で5枚の花びらの縁には、こまかいギザギザあります。

|たった一日の命?

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

朝に開花し、夕方には落花する一日花です。ナツツバキは、花びらを散らすことなく花全体がポトりと落ちる椿特有の散り方をします。椿の花は、人の首が落ちる様な散り方をするので昔から縁起が悪いとされています。

|ナツツバキの花言葉

出典:http://photozou.jp

出典:http://photozou.jp

花言葉は、「愛らしい人」「はかない美しさ」「哀愁」です。夏の朝に咲く可愛らしい白い花の姿から受ける印象や、夕方には散ってしまう美しい白い花のたった1日という短い寿命にはかなさを感じることにちなんで付けられたと思われます。

|名前の由来

夏椿庭の木

夏椿庭の木

「沙羅の木」の名前の由来は、お釈迦様が亡くなった時に近くに生えていた、沙羅双樹とまちがえたためこの別名がついたようです。その為、お寺によく植えられています。

|まとめ

春の芽吹き、夏の清々しい葉の色、枝ぶりまた秋の紅葉、落葉後の姿など年間を通して楽しめます。幹の皮がめくれ、サルスベリみたいにスベスベした木肌が現れます。地方によってはサルスベリ(猿滑り)というところもあります。

オリーブの木

オリーブの木とは、地中海沿岸に自生している常緑樹です。カフェやサロンなどの入り口でよく見かけるオリーブの木。葉っぱの様子や佇まいが美しく素敵です。

|特徴

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

初夏(5月~6月)頃には、可愛らしい白い小さな花を咲かせてくれます。無数の花が咲いたオリーブの木の下には、白いお花の絨毯が広がります。500種以上も品種があるといわれます。銀色の地位な葉っぱに特徴がありインテリアとして人気のある樹木です。

|実を楽しむ為に

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

9月から11月頃にかけて実がなります。オリーブの木は自家受粉しませんので、実の収穫を楽しみたいなら、違う品種と併せて植えるといいですよ。実を付けるようになるまでは3年以上かかるので、購入する際は大きめの苗を選ぶと、早く収穫を楽しめるのではないでしょうか。

|小豆島のオリーブ物語

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

今からさかのぼること100年あまり。国産オリーブの栽培は、小豆島オリーブ園から始まりました。小豆島へオリーブがやってきたのは1908年。1917年には、県より試験用として初めて、オリーブが配布され、地元の人々の助けもあり、官民一体の努力で果実を収穫するまでになり、小豆島は日本で初めて、産業用のオリーブ発祥の地となったのです。

|育て方

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

オリーブの木は、冬の寒さや乾燥にも強いことから、屋外でも丈夫に育つ植物です。日当たりのよい場所を好む性質も、屋外向きです。庭で育てるのはもちろん、コンパクトに仕上げて窓の側などに置き観葉植物として育てるのも人気です。

|まとめ

「幸福を呼ぶ」とされるオリーブの木は、葉っぱは観賞用にさらに、実から作られるオリーブオイルは健康によいとされています。シルバーグリーンの葉っぱがお部屋のインテリアにもなり癒しの空間になりそうです。

初夏に輝く 〜果物の花〜

今回は、実りの秋が待ち遠しい、美味しい果物の花の話題です。
春から初夏にかけて、果物の花は満開を迎え、実りの秋に備えます。なかなか見ることの出来ないお花をご紹介します。

|リンゴの花

青森にて

花の直径は3~4cm。小さな五弁花で、一つの芽から五つの花を咲かせます。つぼみは淡紅色で花が開くにつれて白くなっていきます。花の寿命はとても短く、開花して2~3日で散ってしまいます。
花言葉:「優先」「好み」「選択」

|葡萄の花

あまり目にすることがない「葡萄の花」。
葡萄の花には「花びら」がありません。始めは小さな葡萄のような形の蕾で、カラのようなものを被っています。そのカラが取れると開花になります。開花の時期は1日から2日で終わってしまいます。花は葡萄のように集合していて、1つ1つが受粉して葡萄の粒になります。
花言葉:「陶酔」「好意」「信頼」「思いやり」「親切」「慈善」「酔いと狂気」「人間愛」

|柿の花

柿の花は、新しい枝の葉のわきに花芽をつけて咲きます。ガクは大きな緑色をしていて、4つに分かれているのが特徴的です。花びらは、黄白色のつぼ状で、ガクと同じように4つに分かれています。「雄花」・「雌花」・「両性花」があります。
花言葉:「自然美」

|まとめ

なんとなく果実を連想させる花たち、この季節、産地に行くと見事に咲き乱れています。
初夏の果樹園、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 

最強の雑草 〜チガヤ〜

強力な雑草として知られている「チガヤ」。
強い生命力で、一度根付くと限りなく繁殖します。チガヤの歴史は古く、万葉集などの日本の古典にも登場します。

|ススキに似た花が特徴

5〜6月ごろに開花します。草丈は80cmくらいにまで成長します。
花穂は白銀色で、群生する姿は風になびいて光り輝き美しい景観を作り出します。
秋から冬にかけ、葉は紅葉します。

|侵略的外来種ワースト100

チガヤを駆除する際、地上に出ている部分を刈り取ったとしても地下の茎が残っていればまた再生してしまいます。その強さは「世界最強の雑草」という称号すらあるほど。
熱帯から亜熱帯にかけて非常によく繁殖し、森林を破壊しチガヤだけが広範囲に広がっている草原もあります。東南アジアなどで森林を破壊すると “アランアラン” と呼ばれる草原になりやすく、なかなか森林が回復することはないと言われています。

|名前の由来

名前も生命力・繁殖力の強さから付けられています。
漢字で「千茅」と書きます。「チ」は千の字を当て「ガヤ」はチガヤを含むイネ科の総称である茅を表します。
昔から、強い生命力と繁殖力が特長として知られていたことが伺えます。

|まとめ

生命力の強さは漢方としても使用されています。カリウムやブドウ糖が含まれ、利尿作用や出血を止める作用があると言われています。
またサトウキビとも近縁のため、植物体に糖分を蓄える性質があります。花穂には甘みがあり、昔、子供がこれを取り出して食べていたからなのか?花言葉は「子どもの守護神」です。