お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

スタンド花配達専門サイト 開店祝い.com 当日配達可能! 全国送料無料! 開業・開店・コンサート・劇場・ライブ・展示会・パーティーなどに、お祝い花・スタンド花を贈ってみませんか?

お花に関するまとめコラム

夏に欠かせない薬味 ミョウガ

花も茎も、日本では昔から親しまれている香味野菜です。夏の食べもの、冷ややっこ、そうめんなどに欠かせない薬味です。

|花穂、茎が食用に

収穫

収穫

東アジア原産で、ミョウガ科の多年草です。本州から沖縄まで暖かな場所には自生しています。ショウガの仲間で、夏ミョウガは7~8月、秋ミョウガは9~10月に、開花前の固くしまったものを収穫します。花穂、若芽の茎が食用になります。

 

 

|言い伝えは迷信

ミョウガの葉

ミョウガの葉

「ミョウガを食べ過ぎると物忘れする」という言い伝え、聞いたことありませんか。科学的根拠はないそうです。お釈迦様の弟子で周梨槃特(シュリハントク)は、物忘れの名人でしたが、亡くなった後、その墓からミョウガが生えた、という俗説からきているようです。

 

|高い利用価値

甘酢漬け

甘酢漬け

そうめん、ひやむぎの薬味はもちろん、天ぷらにしてもおいしく頂けます。甘酢漬けにしておくと、保存食になり、ご飯に混ぜると、ミョウガ寿司になります。利用価値は高く、三世紀ころの「魏志倭人伝」にも記録が残っているほど、日本では古くから使われています。

 

|種は市販されていない

https://www.google.co.jp/search?hl

https://www.google.co.jp/search?hl

種は市販されていませんので、春に苗を購入して育てます。株分けで増やしていきます。湿度を好むので、日陰で育てるのがポイントです。深めに植えて、腐葉土で覆うと良いでしょう。乾燥すると枯れてしまいます。

 

|まとめ

密生して、株が混んだ状態では、地中で根が絡み合い、食用の花穂がうまく出てきません。混み合っているところは、茎を切り取りましょう。収穫しないで、そのままにすると白い花が咲きます。花言葉は、「忍耐」があります。

ユニークな花姿のクレオメ

夏から秋の花で、花色は、ピンク、白、赤、紫などがあります。真夏でも元気に咲くので、花の少なくなるこの季節には貴重です。

|一つの花は一日花

庭

南アフリカ原産です。別名は西洋風蝶花といい、学名はCleome、草丈60~100cmの一年草です。一輪の花の寿命は、一日と短いのですが、たくさんの花が集まって丸い塊をなしているので、次々と咲き、そうとは気づきません。なので全体としての花の寿命は長いものとなります。茎の先端へと咲き進み、ユニークな花姿が愛されています。

|蝶にもクモにも

庭

花姿を、風に舞う蝶に例えて風蝶花と言いますが、英名ではSpider Flowerクモの花と呼ばれます。太くて長い雌蕊、もっと長く飛び出している雄蕊などをクモの長い脚に例えました。花言葉は「秘密のひととき」「あなたの容姿に酔う」があります。

 

|濃淡まじりあって

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%

一輪の咲き始めの花色は濃く、夕方には淡くなり、最後は白くなるので、花房全体でみると濃淡混じりあってなかなか美しい姿です。乾燥には強いので、水をやりすぎると徒長します。土が乾いたらたっぷりの原則を守りましょう。

|まとめ

日当たりの良い場所で育てましょう。一年草ですが、コボレタネで芽を出す確率が高いので、一度植えると毎年会える、とても育てやすい初心者向きの植物です。種を蒔くなら、四月下旬から五月いっぱいまでに。移植は嫌いますので、苗のうちに場所を決めましょう。

美しい花弁が重なるスカビオサ

スカビオサの和名はマツムシソウ(松虫草)。名前の昆虫のイメージが全くなく可愛らしい一輪の花が夏のガーデンを涼しげに彩ってくれます。

|名前の由来

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja


スカビオサは高原に咲くさわやかな花です。昆虫のマツムシが鳴くころに咲くのでこの名が付いたといわれています。花びらにひだがありユニークな形をしています。茎が細く真っ直ぐにのびた先の青色の花が風に揺れて咲く様子がとても涼しげな印象です。花壇や切り花に多く利用されています。

|スカビオサ(マツムシソウ)の種類

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

毎年花を咲かせる多年草のものと一度花を咲かせて実を結ぶと枯れてしまう1・2年草のものがあります。花色は紫や青が多く、その他に白や深紅など豊富です。草丈は小さいもので10cmほど、大型種は1mを越し、低木のように茂ります。日本本来のマツムシソウは各地の草地に自生し高原を涼やかに彩る野草として親しまれています。

|美し花を保つお手入れ方法!

出典:https://pxhere.com/ja/photo/1107564

出典:https://pxhere.com/ja/photo/1107564

約80種類が分布しているスカビオサは、草丈が高くなる品種があります。ほおっておくと花の咲く頃に倒れてしまうことにならないように、茎が長く伸びてきたら支柱を立てたり、軽くひもなどで茎を束ねておきましょう。咲き終わった花をこまめに摘み取ってあげると次々と新しい花を咲かせます。また、花がひととおり咲き終わったら茎を半分くらいに切り戻してあげると脇から芽が出てきて再び花を付けることもあります。

|たくさんの苗を増やしてみましょう~

出典:http://photozou.jp/photo/show/262775/224171257

出典:http://photozou.jp/photo/show/262775/224171257

種まきや株分けで簡単に増やすことができます。1・2年草タイプはタネまきで、多年草タイプは株分けやさし芽でふやしてみましょう。
ポットに数粒まいて間引きながら苗を作っていくのが手軽で管理しやすいです。発芽したら元気なものを一本残してほかを間引き、薄めの液体肥料を1週間に1回与え、春に暖かくなったら鉢や庭に植え付けます。さし芽は茎の先端を7~8cmの長さに切り取り、川砂やバーミキュライトに挿します。

|まとめ

暑さが少し苦手なスカビオサは、風通しの良いところに置いて楽しむといいです。花後の姿がくす玉のようでかわいらしく、ドライフラワーや切り花として利用され、最近では少し変わった花の形などのおもしろい園芸品種も出回り始めています。植えたい環境に合わせて花を選んでみてはいかがでしょうか?

小さな夏の妖精ルドベキア

ひまわりを小さくしたような花ルドベキアは、北アメリカ原産の草花で、明治の中頃日本にやってきました。真夏の炎天下でも花を咲かせる丈夫な植物で、切り花はもとより鉢花や花壇で幅広く使われています。

|青空によく映えます!

ルドベキア (1)

ルドベキア (1)

6月ごろから茎が一気に成長していき、早いものは梅雨のころから開花を始めます。夏~秋にかけて次々に花を咲かせて、青空とのコントラストも素敵です。基本の花色はオレンジや黄色で小輪種や大輪種、一重咲きや八重咲きなどもあわせると花姿は豊富です。

|こまめな花のお手入れ!

ルドベキア (2)

ルドベキア (2)


切り戻しや花がら摘みはこまめに行ってあげましょう。

丈が高くなりすぎるためそのままにしておくと、茎が倒れてしまう恐れがあります。花がある程度咲き終わった後に半分くらいに切り戻します。そうすることにより、株が疲れず新しい花を次々に咲かせてくれます。

|宿根草と一年草の違い~

出典:http://www.publicdomainpictures.net

出典:http://www.publicdomainpictures.net

毎年花を咲かせる宿根草タイプと花後に枯れる一年草タイプがあります。一年草タイプと違う宿根草タイプは冬に茎葉が枯れて、春に暖かくなると芽を吹いて生長します。宿根草は、株が大きくなり、植えっぱなしにしておくと生育が悪くなったりするので、ときどき植え替えてあげ古い根をきれいにしてあげるといいでしょう。

|花言葉と名前の由来

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

花言葉は「正義」「公平」。献名されたオロフ・ルドベックが研究を公平に評価する人間であったことに由来するともいわれます。「正義」と「公平」の元にあなたを見つめるという意味合いの花言葉は、中央の花芯が盛り上がり、暗褐色の目のように見えることにちなんでいるともいわれます。

|まとめ

真夏の強い光に負けないルドベキアは、どんなに日当たりが強い場所でも生育します。他の植物がぐったりとするような場所でこそルドベキアの強みが発揮されます。
宿根草は繁殖力が強くて毎年生えてきますから、夏に花が少なくなってくる庭をにぎやかに彩ってくれることでしょう。

南国の花アンスリューム

鮮やかな質感と色が特徴的なアンスリュームは育て方のコツさえ知っておけば長く花を楽しむことができます。今回は購入の目安や咲かなくなった株を復活させるポイントをご紹介します。

|丈夫で長持ち!

アンスリューム白

アンスリューム白

ハートの形とつややかな質感の葉も美しいアンスリュームはとても丈夫な観葉植物です。最近ではいろいろな珍しい色も出回っています。エキゾチックな赤や紫のちょっと変わった色を見つけて長く楽しんでみるのもいいですね。

|購入のポイント!

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

購入するときのポイントは新しい花が一番上にあるものを購入しましょう。どれも同じに見えるかもしれませんが、新しい花は一番高い位置にあります。真ん中にある「肉穂花序」は黄色から白、そして最後に緑へと変化していきます。

|長持ちのポイント!

アンスリューム・フロント

アンスリューム・フロント

見た目は美しく元気そうな株も土が劣化しているかもしれません。購入後にポットから引き抜いて根を洗い、観葉植物用の培養土を敷き新しい鉢に植え替えてあげましょう。このひと手間をすることによって根が強く、多く増えていきます。

|花が咲かない原因と対策

アンスリュームMIX

アンスリュームMIX

花が咲かなくなったり、葉っぱだけが茂って株の姿が乱れてしまう経験はあります。花が咲かない原因は、光量不足や温度不足です。しっかりした葉が3枚くらいあれば花は咲くので思いきって間引きして花芽を育ちやすくしてあげましょう。

|まとめ

つやつやした光沢のある花が魅力的なアンスリュームは熱帯の植物なので比較的寒さに弱いです。アンスリウムの名前は、ギリシア語のアンサス(花)とオウラ(しっぽ)からきていて、肉穂花序の姿にちなんでいるそうです。葉を鑑賞するものと花を観賞するものに分けられ、主に観葉植物や鉢花、切り花として園芸店では扱われます。エキゾチックな花の育て方のポイントをつかんで長く楽しんでみましょう。

ブルーベリーの楽しみ方

ブルーベリーはツツジ科スノキ属に分類されるアメリカ原産のベリーです。日本でも数多くの品種が現在栽培されています。目に良いとされているアントシアニンの含有量もたっぷりのブルーベリーを楽しんでみませんか。

|甘みの強いサザンハイブッシュ系

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

早い時期に収穫できるて暖地でも品質の良いブルーベリーがハイブッシュ系の品種です。甘みが強く沢山の実をつける人気の品種です。果実の星形がくっきりしているので、スイーツのトッピングにも見栄えが良いです。

|育てやすいラビットアイ系

ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリー作りを始めようとしている初心者向きに比較的育てやすい品種がラビットアイ系です。暑さや乾燥に強く暖地に適しています。果実の収穫量が多く完熟の果実はポリフェノールがたっぷりです。

|大粒に実らせるポイント!

出典:https://www.google.co.jp/search?q

出典:https://www.google.co.jp/search?q

せっかくブルーベリーを育てるなら、大粒に実らせてたっぷり味わってみたいです。栽培の基本は酸性で水持ちの良い土選びが重要です。夏に水切れを起こさない様に気を配りましょう。

|白い清楚な花~

ブルーベリーの花

ブルーベリーの花

白い可愛らしいベルのような形をした花がたくさん咲いてくれると収穫量も期待できそうです。ポイントは、ハイブッシュ系とラビットアイ系の出来れば同じ系統で違う品種を一緒に植えるといいですね。

|まとめ

ベリーの仲間はたくさんありますが、小低木で育てやすくプランター栽培にも適しているのはブルーベリーが一番です。病害虫にも比較的強いので、自宅で無農薬栽培も可能です。自分で育てて目で見て、そして食べてと楽しみ方はいろいろ広がります。秋には葉っぱの紅葉が真っ赤に色付きとても美しいですよ。

コアラも大好きユーカリ

ユーカリと聞けばコアラの餌という印象の強いですね。葉っぱの色は白味がかった薄いブルーで清涼感があります。切り花としても使えるのでインテリアに花と一緒に飾ってもおしゃれです。

|豊富な種類のユーカリ

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

ユーカリの種類は500種以上もあります。葉っぱの形や色がさまざまで特徴が違います。葉が幹を囲んでいるユニークな形をした「ツキヌキユーカリ」や、甘い柑橘系の魅力的な香りを放ち、縦長の形状の葉をした「ハニーレモンユーカリ」など多種に及びます。

|コアラの大好物

出典:https://www.google.co.jp/search?q

出典:https://www.google.co.jp/search?q

見た目は堅そうであまり美味しそうに見えませんが、コアラの大好物。コアラが食べるユーカリの種類は限られていて40種くらい、それも新芽しか食べません。柔らかい美味しいところを知っているのですね。

|ドライフラワーにトライ!

出典:https://www.flickr.com/photos/nagarazoku/27885485

出典:https://www.flickr.com/photos/nagarazoku/27885485

ユーカリは、爽やかな香りがするのでドライフラワーとして部屋に置いていると癒されますね。水分がきれいに抜けていくので、失敗なく美しいドライフラワーを作る事が出来ます。リースにしてもおしゃれですね。

切り花で最もポピュラーな種類!

出典:https://www.google.co.jp/search?q

出典:https://www.google.co.jp/search?q

「銀丸葉ユーカリ」はもっとも一般的な種類のひとつで、とても育てやすいユーカリです。白銀色の美しい丸葉が魅力です。爽やかな香りも強く、サシェなどにも利用できます。初心者向けのユーカリと言えます。

|まとめ

ユーカリは集中力を高めたり、気持ちを和らげる効果があるユーカリオイルとして知られています。ハーブティーとして飲んでもリラックス効果があります。また、除菌や消臭のためのエアーフレッシュナーも簡単に作ることもできます。切り花として楽しんだり、アロマ効果を楽しんだりといろんな使い方ができるユーカリを再発見です。

「スイカ」のすごい効果

夏が来た!おやつはスイカだ!
夏の風物詩「スイカ」。この季節に欠かせない食べ物です。でもスイカって、ただ甘くて水分だけ・・そんないイメージありませんか?
イイエ、じつは海外でスーパーフルーツと言われるほど栄養価が高い食べ物なんです。
そんなスイカ、もう食べましたか? 花と効果についてご紹介します。

|スイカの花

スイカの開花時期は、おおむね初夏の時期です。5枚の花弁を集めた黄色い花で、雄花と雌花があります。花が開いているのは、朝早くからお昼頃まで。よく似ていて一見区別が付きません。付け根の部分に、スイカの赤ちゃんのような小さな丸いふくらみがあるのが雌花です。
受粉してから収穫するまでに40~50日かかります。スイカを甘くするには、やや水不足気味に作ることがポイント。
花言葉は「かさばるもの」「かさばるもの」
思わず笑ってしまうような花言葉です。

 

|昔のスイカ

日本には16世紀後半頃に渡来したといわれています。平安時代のスイカは、今の姿とは全く違っていてカタチもさまざま。現在のような緑に黒いタテジマがあるのではなく、回りは真っ黒、果肉は真っ赤という大きな果実だったようです。そのため、江戸時代の人からは気持ち悪い食べ物とされ、あまり好まれませんでした。
明治35年頃より外国品種の導入が始まり、各地で日本の環境に適した品種の育成が進められました。スイカの販売も盛んになり庶民の果物として定着していったようです。

|スイカの栄養・効果

主に、シトルリン、カリウム、リコピン、βカロテンが含まれています。
シトルリン:アミノ酸の一種で利尿作用の強い成分で、腎臓病の予防や体のむくみを取る効果あります。
カリウム:取り過ぎた塩分の排泄を促し、血圧を下げる効果があります。
リコピン:トマトより多く含まれています。アンチエイジングと脂肪燃焼に効果があります。
βカロテン:老化防止とガン予防に効果があります。
因みに、シトルリンとカリウムは皮の部分に多く含まれています。

|熱中症防止やダイエットに

スイカは水分が90%以上、体を冷やしてくれる効果があるので「熱中症防止」に効果的と言われています。
さらに、カロリーは100gあたり37kcal、食物繊維も豊富なので十分な満腹感が得られます。栄養も豊富なのでダイエットには欠かせない食べ物です。

|まとめ

縁側に座り、タネを飛ばしながら食べるスイカも最高ですが、最近ではオシャレな「スイカスムージー」や丸くくり抜いて「フルーツポンチ」もオススメ。スイカの皮にも栄養が豊富に含まれていますので、捨てずに漬物や煮物にすると美味しく食べられます。
この夏もスイカを食べて、夏バテ知らずの体を作りましょう。

初夏の花「コマチソウ」

江戸時代、観賞用として持ち込まれ、現在では各地で野生化し道端や空き地でも群生しているのを良く見かることが出来ます。
春先〜夏にかけて、淡いピンク〜濃いピンク、まれに白色のきれいな5弁花を咲かせます。草丈は30〜60cmくらい。
あまり目立たない花ですが、美しい花姿や変わった性質を持っていることから、色々な名前が付けられています。

 

|桜小町(サクラコマチ)

淡いピンクの花姿は、まさに桜です。基本は一重咲き。
切り花としても流通していて、アレンジメントなどに良く使用されます。花持ちが悪そうなイメージですが、クタッとなったら切り戻しすると元気になり日持ちします。

|ムシトリナデシコ

名前の通り、虫がくっつく粘着性の分泌液を出します。
上部の茎の節から出すネバネバは、虫が動けなくなるほど強く、茎を登って来るアリなどを防ぐ効果があると考えられています。
「ハエトリナデシコ」とも呼ばれていますが、食中植物では無く、ただくっ付けるだけ。

シレネ

属名の「シレネ(Silene)」は粘着性の分泌液を出すことから、ギリシャ語の「sialon(唾液)」と、酒の神であるバッカスの養父シレネが酔って泡を吹いた様子に引っかけて名付けられています。
唾液が名前の由来とは、花の美しさからはとても考えにくいです。

|まとめ

花言葉は「罠」「誘惑」「未練」「しつこさ」
名前だけではなく、花言葉も粘着性の分泌液に因んでいます。虫にとっては「罠」でもあり「しつこさ」でもあるようです。
野生的な姿も魅力のコマチソウですが、庭植えにするには濃桃色の小さな花が数十輪集まって球状に咲く「玉咲小町草」が人気です。花序が直径10cm程のボール状になる園芸品種で、洗礼された豪華さが魅力。ただし、繁殖力が強いので育てやすい反面、増殖に注意が必要です。

続・花と虫の戦い?!

今回は、 7月23日のコラム「花と虫の戦い?!」の続編です。
植物によって花以外の場所から蜜を出す「花外蜜腺」をもつものがいます。
植物が花から蜜を出している多くの理由は、虫を集め花粉を運んでもらうため・・蜜を与える代わりに花粉を運んでもらう「ギブアンドテイク」の関係です。
何のために花以外から蜜を出すのでしょうか。
「花外蜜腺」を持ってる身近な植物をご紹介します。蜜を出す能力を別の目的に利用しています。

|そら豆

初夏に美味しい「そら豆」。
托葉や萼に花外蜜腺があり、そこから蜜を出しています。
托葉とは、葉柄のつけ根にある小さな葉の形をしたもので、双子葉植物に多くみられます。幼い葉が成長するまで守る役割があるとされ、葉が生長すると落ちるものが多いようです。

|モッコウバラ

春から初夏にかけて、黄色の小さな花をたくさんつけ、優しい香りを漂わせます。
葉のフチがギザギザしていて、そこから蜜をだします。特に新芽に多く、水滴がついているようにキラキラ光り、触るとベタベタするほど蜜が出ます。

|ホウセンカ

5〜9月頃に赤色や赤紫色の花を咲かせます。
葉柄の両側に釘の頭のような突起が数個ついていて、そこから蜜を出します。
想像以上に突起があり、周辺はアリだらけになります。

|目的はアリ

この「花外蜜腺」は、葉を守るためアリをおびき寄せていると考えられています。植物にとって、葉は光合成をする最も重要な器官です。ガや蝶は、植物の葉を狙って卵を産み付けます。甘い蜜が大好きなアリは、蜜につられてやってきます。その卵や孵った幼虫を見つけると、ついでにこれらも食べてくれます。

|まとめ

ソメイヨシノやフヨウなどにも「花外蜜腺」があります。オクラ・サツマイモも花外蜜腺でアリを集め害虫予防をしています。植物は他にも、昆虫が嫌う成分を放出したりトゲで侵入を拒んだりし害虫対策をしています。自ら動けない植物は、生き延びるために不思議な能力を兼ね備えているのです。
植物に登るアリがいたら、その先に「花外蜜腺」を見つけることが出来るかも知れません。