お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

スタンド花配達専門サイト 開店祝い.com 当日配達可能! 全国送料無料! 開業・開店・コンサート・劇場・ライブ・展示会・パーティーなどに、お祝い花・スタンド花を贈ってみませんか?

お花に関するまとめコラム

別名でたどる冬の花⑤〜六花〜

冬の庭は、花々も姿を消し、ひっそりと静まり返っています。雪に覆われ、白銀の世界になっている地方もあることでしょう。みなさんの地域では、初雪は降ったでしょうか。「別名でたどる冬の花」の最終回は「六花」。「ろっか」または「りっか」と読みます。さて「六花」とは、どんな花なのでしょう。

|六つの花びらをもつ花

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/134161?title=雪の結晶

「六花」とは植物の花のことではありません。「六花」は雪の別名です。雪の結晶が六角形の美しい形であることから、六枚の花びらを持つ花のように表現しています。肉眼で実際に雪の結晶を見ることは、都会ではなかなか難しいかもしれません。繊細な彫刻のような形状は、一つとして同じ形はないといわれています。

|湿度や気温で形状が変化

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/830449?title=雪の結晶3

雪は水からできており、水の分子が六角形に並ぶ性質があるため、雪の結晶は六角形になります。結晶が大きくなる時の湿度や気温などの条件によって、様々な形に変化していくのです。雪の結晶の形で上空の気温や湿度が分かりますが、そのメカニズムについてはまだ謎のことが多いのだそうです。

|花びらと同じ数え方

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2038681?title=雪降る夜

空から舞い落ちる雪は「ひとひら」「ふたひら」と数えます。これは花びらの数え方と同じ。空から降りしきる花びらといったところでしょうか。冬が訪れれば、花は枯れるのは当たり前のこと。しかし実は、空から真っ白な花が咲いていたということなのかもしれません。日本語は美しく奥深いものですね。

|まとめ

音もなくしんしんと降り積もる雪。花のようにひらひらと舞い落ちる程度の雪ならば、うっとりと眺めることもできますが、豪雪地域では優雅に花などと連想できません。花にも例えられる美しい雪も、時には人々の生活を脅かすもの。降る雪は花びらが舞うようにゆったりと。この冬は、雪による大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

別名でたどる冬の花④〜雪中花〜

厳しい寒さの中で健気に咲く花に、私たちは胸を打たれ、春の訪れを待ち遠しく感じるものです。「別名でたどる冬の花」の4回目。今回の別名は「雪中花」。名前からも寒さに耐え忍びながら、咲き誇る様子がうかがえます。

|地中海原産の秋植え球根

出典:https://www.photolibrary.jp/img282/124095_2410335.html

「雪中花」は、いち早く春を感じさせてくれる花として、誰もが知る花スイセンです。スイセンは、地中海原産の秋植え球根植物。凛とした雰囲気が漂い、日本各地に群生地もあるので、日本自生の植物のような感じがしますが、実はヨーロッパ生まれ。平安末期に日本に伝わったと言われています。

|書画や句の題材として

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/832587?title=水仙

スイセンの花の開花は、早咲きのニホンズイセンで12月から。寒い風や雪の中でも真っ直ぐに茎を伸ばし咲き誇る姿に、古くから書画や句の題材として親しまれてきました。現在では様々な園芸品種があり、華やかな雰囲気のものも多いものです。しかし日本人の多くが風情を感じるのは、白い一重の花びらで俯き加減に咲くニホンズイセンのような気がします。

|海沿いの日本三大群生地

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/896542?title=越前岬%E3%80%80水仙

日本国内のスイセンの群生地は、海沿いに名所が多いのが特徴。兵庫県の淡路島、福井県の越前海岸、千葉県南房総の鋸南町は、スイセンの日本三大群生地といわれています。花の開花に合わせ祭りも開催されるので、是非訪れてみたいところです。

|まとめ

寒い季節に春を迎える喜びを与えてくれるスイセン。群生地をなすことからも分かるように、丈夫で育てやすく庭に植えっぱなしでもOKです。上品な香りも特徴ですから、お正月の切り花として飾ってみてはいかがでしょうか。

別名でたどる冬の花③〜冬知らず〜

「冬知らず」という名前から、みなさんはどんな花を思い浮かべるでしょうか。冬の寒さにも負けず咲き続け、見ているだけで元気が湧いてくる。花の少ない時期に明るく彩ってくれる存在かもしれません。「別名でたどる冬の花」の3回目は「冬知らず」と呼ばれる花です。

|花の少ない冬に咲き始める

出典:https://www.photolibrary.jp/img77/18679_232662.html

キンセンカといえば、オレンジや黄の鮮やかな色が印象的な花。切り花として使われることが多く、仏壇やお墓のお供えとしておなじみかもしれません。キンセンカの花の時期は3月から5月で、冬とは関係ないような気がしますが、12月から咲き始め、冬の間咲き続ける品種があるのです。ちょうど今の時期に咲き始めるのが、ホンキンセンカという品種。花の少ない季節に元気に咲く様子から「冬知らず」と呼ばれているのです。

|鮮やかな花色は冬に貴重な存在

出典:https://www.photolibrary.jp/img274/40725_2277836.html

キンセンカはヨーロッパ原産、キク科の一年草です。春咲きのキンセンカは花の大きさが3㎝から10㎝ありますが、ホンキンセンカは2㎝程度と小さく、次々と花を咲かせていきます。株は横に広がるので、冬の花壇も華やかに彩ってくれます。オレンジ色や黄色の花は春や夏に多いもの。冬には貴重な存在です。

|学名はカレンダーの語源

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1497140?title=ふゆしらず

キンセンカは漢字で書くと「金盞花」。金の盃を意味しており、盃のような花の形に由来しています。また学名を「Calendula(カレンデュラ)」といいますが、これは暦のカレンダーの語源となったもの。花を楽しむ時期が長く、どの月も花が咲くという様子からきているといわれています。

|まとめ

キンセンカの暖かなオレンジ色は、寒い季節に元気を与えてくれます。丈夫で育てやすく、一度植えればこぼれ種で翌年も花を咲かせることもあります。これからますます寒さは増していきますが、私たち人間もキンセンカのように冬知らずで、元気に過ごしたいものですね。

別名でたどる冬の花②〜初雪起こし〜

別名でたどる冬の花の2回目。今回は「初雪起こし」です。うっすらと積もった雪の中で、咲き誇る様子がうかがえるこの名前。茶道に関わっている人であればご存知かもしれませんね。どこか控え目で品のある美しさ。洋にも和にもよく似合う冬の花です。

|原種ニゲルは明治時代に伝来

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/837615?title=雪中のニゲル

「初雪起こし」という別名を持つのは、クリスマスローズです。クリスマスローズは、ヨーロッパや西アジア原産の多年草。明治時代に原種であるニゲルが、薬草として日本に伝わりました。このニゲルが花を咲かせるのが12月の終わり頃。俯き加減に咲く花の様子に「初雪起こし」という名前がつけられ、茶席によく用いられるようになりました。

|交配種ガーデンハイブリットは寒芍薬

出典:https://www.photolibrary.jp/img169/55050_935025.html

その後に伝わったガーデンハイブリットと呼ばれる交配種は、2月頃から咲き始め「寒芍薬」という名前をつけられました。現在は品種改良により、華やかな雰囲気のクリスマスローズが増えましたが、当時は現在のような鮮やかな花色はなく、清楚で可憐な花姿で、茶席で楽しむための花でした。

|日本では原種と交配種の総称

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2049583?title=クリスマスローズ

クリスマスの時期に咲くバラのような花という意味で、本来は原種のニゲルのみがクリスマスローズと呼ばれます。しかし日本では、原種も交配種も全てクリスマスローズと総称しています。日本で出回っているクリスマスローズのほとんどは、年明けからの開花が多いもの。「初雪起こし」よりは「寒芍薬」という名前の方が、しっくりくるような感じがします。

|まとめ

華やかでありながら、どこか奥ゆかしく気品漂うクリスマスローズ。英名、和名いずれも、季節や自然に由来していますね。ヨーローッパ原産でありながら、和の雰囲気が漂う花姿に、茶席で用いられてきたのも納得です。

別名でたどる冬の花①〜豚の饅頭〜

この季節「豚の饅頭」と聞けば、ホカホカの肉まんを思い浮かべる人がほとんどかもしれません。確かに肉まんでもあるのですが、実は誰もが知っている冬の花の別名なのです。今回のシリーズは「別名でたどる冬の花」と題して、ちょっと変わった別名を持つ冬を彩る花々について、おおくりしていきたいと思います。

|英名は雌豚のパン

出典:https://www.photolibrary.jp/img119/44629_506737.html

「豚の饅頭」というのは、花を表した別名ではなく、その球根を表したもの。この時期の球根植物で最も店頭に並んでいる花、シクラメンです。シクラメンは地中海原産のサクラソウ科の植物。豚がシクラメンの球根を食べてしまうことから、英名は「 sow bread=雌豚のパン」と言われていました。

|もう一つの別名は篝火花

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1349814?title=いろんな種類のシクラメンが咲き誇る

日本にシクラメンがやって来たのは明治時代のことですが、英名の「雌豚のパン」を日本語版にしたのが「豚の饅頭」だったというわけなのです。もう一つの和名は「篝火花(カガリビバナ)」。これは花の咲いている様子が、篝火に見えることに由来しています。こちらはうって変わって、優雅な雰囲気の別名ですね。

|葉の数が多いものを選ぼう

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1420346?title=花/植物

冬の鉢花として贈り物としても人気のあるシクラメン。花色や花びらの形はバリエーション豊富で、毎年たくさんの品種が生み出されています。可愛らしいハート形の葉も特徴の一つ。シクラメンは一枚の葉に一つの花をつけるので、葉の数が多いものを選ぶとたくさんの花を楽しむことができます。

|まとめ

これからのクリスマスやお正月に一つ飾るだけで、華やかな雰囲気に包まれるシクラメン。篝火花と言われればしっくりくるのですが、豚の饅頭は随分イメージとかけ離れてしまっています。花の見た目と正反対の別名を持っているというのは、興味深いものですね。

12月に行う花のお手入れ

春の花を見事に咲かせるためには、冬の手入れがとても重要になって来ます。簡単に出来るポイントをいくつか紹介いたします。

|マルチング

出典:http://photozou.jp

出典:http://photozou.jp

マルチング とは、植物を植えた表面を畑を紙やプラスチックフィルム等で覆う作業のことです。古くは、わらなどを使用していましたが、最近ではウッドチップやマルチングストーン、マルチングシート、目的や見た目の違いなどで様々なマルチング用素材が販売されていますので色々と見てみて、自分のガーデニングスタイルに一番あったものを使用することが望ましいでしょう。

|肥料の与え方

出典:https://commons.wikimedia.org

出典:https://commons.wikimedia.org


施肥の方法には、元肥と追肥があります。草花用の肥料を用意しましょう。

植え付け時や植え替え時に用土に混ぜ込む肥料は、植物の生育を途切れさせないために大切です。草花用の培養土など始めから元肥が入っている土を使用する場合は、元肥は不要です。

|病害虫対策

出典:https://pxhere.com

出典:https://pxhere.com

畑は病害虫のパラダイス?!自然界には病害虫の好きな植物だけでなく、嫌いな植物や天敵も共存しています。しかし、畑や庭、プランターには、病害虫が大好きな植物を集めて植えています。 おまけに天敵も少ないこの空間は、まるで害虫のパラダイス!対策は早めのほうがいいです。

|植え替え

出典:http://f.hatena.ne.jp

出典:http://f.hatena.ne.jp


鉢替えや植え替えの目的は古くなった土を新しい土へ入れ替え、植物に元気を与えるのが目的です。植物が大きくなりすぎると、風などで倒れやすくなったり、植物の大きさに必要なだけの根が伸びるスペースが無く必要な水分や養分を吸収できなくなってしまいます。植え替えは重要な作業です。

|まとめ

一年を通して咲き続けるお花は少ないですが、その時期のお手入れのタイミングが元気な花を咲かせるポイントになります。寒い冬に向けてのマルチングや肥料を施して春に綺麗な花を楽しみましょう。

12月ガーデニングを始めましょう!

秋冬こそガーデニングデビューにおすすめの時期です。今回は初心者の方がガーデニングを始めるときのポイントと、秋から冬におすすめのお花選び、道具選びを紹介します。

|道具選び

出典:https://torange.biz

出典:https://torange.biz

さっそくガーデニングに挑戦することにしたら、必要な道具を集めましょう。必需品としてはジョウロ、シャベル・スコップ、花ばさみ・剪定ばさみ、園芸用グローブなどを揃えるといいです。

|植え替えのポイント

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

次に、植え替えをしていきましょう。苗をポットから優しく取り出し、そのまま植えていきます。根がぐるぐるに回っていれば根をほぐす必要があります。

苗の土がついている部分よりも深く植えないように注意してください。植え替えが終わったらたっぷり水分を与えて完了です。

|寒さに強い花選び

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

秋から冬にかけて気温が下がっていくと咲く花が少なく寂しいという印象を持つ方も多いですが、寒さに強く花を綺麗に咲かせる植物が意外と沢山あります。

秋から冬に園芸店などに並んでいる草花は寒さに強く丈夫で、開花期間も長いお花も多く、初心者でも育てやすいものが多いので選びやすいのもポイントです。

|12月の花の王道

出典:http://photozou.jp

出典:http://photozou.jp

この時期によく目にするお花と言えば、パンジー、ビオラ、ガーデニングシクラメン、お正月をイメージすると、葉牡丹や南天なども面白いです。次々と花を咲かせますから終わった花がらを取り除いてあげるといつまでも綺麗なお花を楽しむことが出来ます。

|まとめ

ガーデニングに興味があるけれど、何から始めたら良いか、どんな花を選べば良いか不安だったのが少しは解消されたでしょうか?小さなポット、エリアから花の成長の、様子をみながら自分流のガーデニングを是非楽しんでみてください。

12月の日本の花

日本の花の印象はどこか奥ゆかしさを秘めています。美しい日本の花々は

、日本の花と人々の文化には、古くより密接な関わりがありました。平安時代には日本の花についての、多くの和歌や詩が詠まれています

|学問や芸術のシンボル、梅

出典:https://pixabay.com

出典:https://pixabay.com

古くより梅は多くの人々に愛されてきました。今でこそ、日本の花と言えば桜の花を連想する人が多いですが、奈良時代の頃までは花と言えば多くの人々がを指すほど人気の花でした。
学問の神である菅原道真もこの花を愛したことから、学問や芸能の象徴とされており、今でも様々なシンボルに活用されています。

|天皇の紋章にも利用されている菊

 

出典:http://garden-vision.net

出典:http://garden-vision.net

菊は、桜と共に日本を代表する花のひとつです。元々日本には野菊は自生していても、今見る園芸用の菊は自生していませんでした。

日本へは奈良時代から平安時代頃に渡ってきたのです。

鎌倉時代には後鳥羽上皇が菊の紋章を用い始め、今では「菊の御紋」は天皇と皇室を表す紋章として有名なのです

|海外でも人気の椿

出典:https://tenki.jp

出典:https://tenki.jp

その可憐な姿は海外でとても人気が高く「日本のバラ」と呼ばれ、親しまれています。

この花をモチーフにした作品として、アレクサンドル・デュマ・フィスの書いた、長編小説の「椿姫」が世界中でヒットしたのをきっかけに、椿は世界で愛される花になりました。

|紫の花が美しい藤

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja

12月には花は付けませんが、紫色の花が美しい藤も古くから人々に親しまれており、数多くの俳句や絵画が残されている日本の花のひとつです。

そんな藤は女性に、松を男性に例えられることが多く、花言葉も「優しさ」「歓迎」「決して離れない」「恋に酔う」など女性を思わせるものが多いのが特徴があります。

|まとめ

色彩豊かで賑やかな海外の花々と違い、凛とした趣の美しさのある日本の花はここで紹介した以外にもまだまだ沢山あります。今まで気づかなかった日本の花の良さを芸術や文化から再発見できるかもしれません。

12月の誕生花と花言葉

寒さが厳しくなる冬、お花もどことなく寂しくなって来ますが、寒い冬でも綺麗な花を咲かせて、見る人の心を和まじてくれる花を花言葉と共に紹介いたします。

|サザンカ

出典:http://photozou.jp/photo

出典:http://photozou.jp/photo


花言葉の「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」は、寒さが強まる初冬にかけて花を咲かせることに由来するといわれます。開花時期は11月から12月です。

|ハボタン

出典:https://ru.m.wikipedia.org

出典:https://ru.m.wikipedia.org


花言葉は祝福」「物事に動じない」「利益」などあります。花言葉の「祝福」は、紅白の色合いがおめでたいとされ、正月飾りとして親しまれていることに由来するといわれます。葉の色が綺麗な時期は11月から3月です。

|ヒイラギ

出典:https://ja.m.wikipedia.org

出典:https://ja.m.wikipedia.org


漢字で書くと柊 。初冬の花で、開花時期は10月から12月です。

ヒイラギ全般の花言葉は「用心深さ」「先見の明」「保護」この葉にはトゲがあり、むやみに近づいたり触ることができないことから「用心深さ」という花言葉がついています。また、「保護」は、トゲのあるヒイラギが魔除けになるといわれていることに由来します。

|ポインセチア

出典:https://pixabay.com/ja

出典:https://pixabay.com/ja


花言葉は「祝福」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」「清純」。

「私の心は燃えている」は、ポインセチアの燃える火のような朱紅色の鮮やかさに由来しています。また、「清純」の花言葉は、メキシコの先住民族がポインセチアの輝くような色を清純のシンボルとしていたことに由来するともいわれます。葉の色が鮮やかな時期は11月から1月です。

|まとめ

12月を代表する花はまだまだたくさんあります。1日1日それぞれの誕生日花を追っていくと花言葉に込められた由来、なるほどと思う花言葉が納得できます。冬の寒さ厳しい時に咲く花で心温まりたいですね。

12月プレゼントに喜ばれる花

誕生日、発表会、クリスマス、お世話になった人へのご挨拶など12月はお花を送るシーンが色々あります。お花はいただく方も華やかな気分になれる贈り物です。

|予算は?

出典:https://pixnio.com

出典:https://pixnio.com

お花といえども小さなものから、大きなものまでありますし、咲き方も管理方法、出回る時期まで様々です。送る用途にもよりますがプレゼントの予算として平均の価格では5000円から1万円でしょうか。

|可愛い贈り物花

出典:http://photozou.jp/photo

出典:http://photozou.jp/photo

まるでケーキのような、おいしそうで可愛いお花のアレンジメントをした花はいかがでしょうか。誕生日ケーキではなく、食べられないですが飾って喜ばれるアレンジ花です。シャレのきいたお花はダイエット中の女性や、甘いものが苦手なお年寄りへのサプライズとしてもいいかもしれません。

|真っ赤なバラ

出典:https://pixnio.com/ja

出典:https://pixnio.com/ja

まるでニューヨーカーのようなお洒落で気負いのない真っ赤なバラの花束をサプライズでプレゼントすると素敵ですね。抱えきれないくらいの赤いバラの花束を彼女や結婚記念日、プロポーズに贈ってみませんか!

|鉢植え

出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki

出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki

プレゼントを贈るとき、意外とおすすめなのが鉢植えの植物です。特に新築祝いや開店祝いなどおめでたい場には、鉢植えは「根付く」というイメージもあり、人気があります。反対にお見舞いにするにはふさわしくありませんが、贈るシーンで長く楽しめる植物です。

|まとめ

年に一度の大切な日だから、お花に「おめでとう」の気持ちをのせてプレゼントするといいですね。お誕生日のお祝いや発表会と幅広い贈り物として喜ばれています。