お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

芝生のお手入れは春からが忙しい

芝は大きく分けて「日本芝」と「西洋芝」に分けられます。日本の気候に適しているのは日本芝です。芝は冬になったら枯れ、春に活動を開始します。

|芝の好む場所

芝

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/18/12/50/green-1834269_960_720.jpg

芝は日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。人通りの多い場所では、土が踏み固まって水はけが悪くなり、芝の生育が悪くなります。定期的に土へ穴を空ける「エアレーション」をして、水はけを良くしましょう。

|芝は芝刈りが必須

芝

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/03/08/19/40/lawn-mower-2127637_960_720.jpg

芝は春から夏に掛けて生育期に入ります。どんどん伸びていくので、芝刈りが必須です。芝は短く刈り込みすぎると「軸刈り」になり、成長点を刈り取ってしまいます。芝生にむらが出来たり、生育が悪くなったりしますので注意しましょう。刈り取る目安は、芝の長さの半分より上です。

|水やりを忘れずに

芝

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/02/19/11/43/sprinkler-1209900_960_720.jpg

芝は高温多湿に弱いので、水のやりすぎは悪影響です。しかし、乾燥させすぎには注意しましょう。水やりの頻度は、春は3~4日、夏は1日朝夕の2回を目安に行います。芝の葉が丸まっていると水不足の証拠です。

|まとめ

芝生は頻繁なお手入れが必要なグラウンドカバー。少し面倒だなと感じる方も多いでしょう。お手入れをこまめにするほど、フワフワの芝生を楽しめます。お子さんやペットの遊び場にもピッタリ。お庭で緑のじゅうたんを楽しんでみませんか。