お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

ひまわりの種まきは4月から

夏の訪れを感じる「ひまわり」の花。種まきは、4~6月頃が適しています。種から育てて、ひまわりの成長を楽しんでみませんか。

|種まき後水を切らさない

ひまわり

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/03/19/13/38/sunflower-290496_960_720.jpg

ひまわりの種は、気温25℃くらいで発芽し、種をまいてから10~15日で芽が出てきます。発芽するまでは、朝晩水やりをして土の表面を乾かさないようにしましょう。発芽すると、ナメクジの被害に合いやすくなりますので注意が必要です。

|ひまわりが好む場所

ひまわり

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/07/04/19/01/sun-flower-1497175_960_720.jpg

ひまわりは、日当たりと水はけの良い場所を好み、1本の太い根を深く伸ばして成長する植物です。鉢植えにすると根が深くまで伸びないため、背があまり高くなりません。十分に成長しないと、花が咲いても種ができないことがあります。種を取りたいときは、地植えするのがおすすめです。

|品種が多い

ひまわり

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/03/08/02/53/sunflowers-2125810_960_720.jpg

ひまわりの原産地は北アメリカです。品種が多く、茶色やレモンイエローなど花色もさまざま。ひまわりは絵画にも多く描かれていますよね。品種名に「ゴッホ」や「モネ」と付けられているものもあります。その他に「レモンエクレア」「サンリッチフレッシュオレンジ」「チョコフレーク」など、美味しそうな名前が付いた品種もありますよ。

|まとめ

黄色の花が元気な気持ちにしてくれる「ひまわり」。夏の花束やフラワーアレンジメントにも人気です。結婚式のブーケに入れると、華やかな印象に。髪飾りとしても映えるので、夏の花嫁におすすめしたい花材です。