お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

緑の葉が涼やかなシマトネリコ

シンボルツリーとして庭先で見かけるシマトネリコ。涼やかな葉を持ち、育てやすいので人気があります。鉢に植えて観葉植物としても楽しめますよ。

|日当たりを好む

シマトネリコ

シマトネリコ

シマトネリコは、日光を好む植物です。半日陰でも育ちますが、成長が緩やかになります。シマトネリコは強い日差しの西日にも耐えますので、西日を避けたい場所に植えるのもおすすめです。屋内の場合、明るい場所に置いていてもシマトネリコは日光不足になる場合があります。日光不足で葉の色が悪くなったら、鉢植えを屋外へ出して日光を浴びさせましょう。

|花も楽しめる

シマトネリコ

シマトネリコ

シマトネリコは雌雄別株で、雌木にのみ花をつけます。開花期は、5~6月。小さくて白い花が無数に付きます。購入してから雄木だったとガッカリする方も少なくないようです。シマトネリコの花を楽しみたい場合は、購入時に雌木なのかを確認しましょう。

 

|剪定が必須

シマトネリコ

シマトネリコ

シマトネリコは成長が早く、1年で10cm以上伸びることもあります。シマトネリコを限られたスペースで育てる場合は、剪定を必ず行いましょう。剪定に適した時期は、3~5月頃。新芽が出る前がおすすめです。たくさんの枝を剪定すると、シマトネリコはダメージを負うので、成長に勢いのある時期を選びます。

|まとめ

シマトネリコは乾燥に弱い植物です。特に植えてから2年間は、水を切らさないように注意します。シマトネリコは強い生命力を持ちますが、植え付け後に水切れを起こすと枯れてしまいます。鉢植えで育てる場合は特に水切れしやすいので、鉢底から水が出てくるまでたっぷりあたえましょう。