お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春に花をたくさんつけるサツキ

日本原産のサツキは、盆栽や庭植えで親しまれている常緑樹です。関東地方以西に生息していて、春にはたくさんの花を付けます。

|水やりを忘れずに

サツキ

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/04/27/11/33/flowers-1356414_960_720.jpg

サツキは乾燥に弱い植物です。根が浅く、土の表面が乾いていると水不足になりやすいです。特に春は成長が早いため、水が切れる前に水やりをします。また、乾燥するとハダニの被害に合いやすくなります。ハダニが付く葉裏へ水を掛けて予防しましょう。

|剪定は花が終わってからすぐに行う

サツキ

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/10/12/18/26/satsuki-1735391_960_720.jpg

サツキは、来年の花芽を夏に作ります。剪定をする場合、花が終わってから夏までの間に行い、花芽を切り取らないように注意しましょう。サツキの花色は、白、赤、ピンク、紫、緑があります。開花期の5~6月には、葉が隠れてしまうほどたくさんの花を咲かせるのが特徴です。

|サツキとツツジの違い

サツキ

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/06/02/05/40/satsuki-1430282_960_720.jpg

江戸時代中期にツツジの品種改良が盛んに行われました。多くの品種を分類するために、4月~5月中旬に咲くものをツツジ、5月下旬~6月に咲くものをサツキと分けるようになったそうです。サツキは川沿いの岩場周辺に自生していましたが、最近では堤防整備などで見かけなくなりました。

|まとめ

サツキは公園の生垣や、グランドカバーとしても使われます。高木の根元へ植えることが多いのですが、日当たりが悪くなると花の付き方が悪くなります。花を楽しみたい場合は、日の当たる場所がおすすめです。サツキの開花期は、お庭がとても華やかになりますよ。