お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

地味で趣深い ヒトリシズカ

淡い緑色がかった白い花穂が一本だけ立ち上がり咲きます。地植えもできますが、大きな鉢植えにして幾本も咲かせるのも見栄えがします。

|花は白く、茎は赤紫

庭

センリョウ科で、草丈20~30cmほどのひっそりとした花です。林の縁や、樹下の木漏れ日が入る場所に自生しています。日本、朝鮮半島、中国が原産地です。乾燥を嫌いますので、庭植えの場合は、岩や石を組んだそばとかも、山野草の雰囲気が出て素敵です。茎が赤紫色なのも白い花との対照が美しいです。別名は、吉野御前(ヨシノゴゼン)、眉掃草(マユハキソウ)があります。

|義経の恋人静御前

庭

茎の先端に糸のような、ブラシのような白い花が咲きます。花穂が一本で静かな感じを、「静御前(シズカゴゼン)」に見立てて、名前がつきました。ちなみに、仲間で茎が複数出るフタリシズカという植物もあります。花言葉は、「静謐」「隠された美」「愛にこたえて」などがあります。

|地下茎で越冬

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

芽の出るころから花の咲くまでは、日の当たる場所が良いですが、夏の強い日差しは株を弱らせます。明るい日陰に移しましょう。冬は地上部はなにも無くなり、地下茎で越冬します。耐寒性はあり、凍らせなければ大丈夫です。夏の水やりは欠かせません。休眠期も時々は水やりを忘れないでください。

|まとめ

株分け、種まきで増やします。数芽をつけて根茎を切り分けて植えつけます。まだ分けれないほどの場合は、一回り大きな鉢に植え替えましょう。種まきは、「とりまき」といい花後の種を採取後すぐに蒔きます。発芽率はなかなか良いようです。