お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

羽を広げた姿 タンチョウソウ

まっすぐ伸びた茎の頂点に固まって、重なるように花が付き、一輪ずつ咲いていきます。花径5mmほどの小さな白い花です。

|葉は八つ手に似て

庭

ユキノシタ科の多年草で、中国、朝鮮半島に分布しています。草丈は10~20cm、春、地下茎から数枚の葉を広げます。ヤツデやモミジと似ていて、まわりが切れ込んでいます。ほぼ同時に、白いツボミがボコッと固まって地面から出てきます。

 

|丹頂鶴を思わせる

庭

丹頂草とは、白い花を丹頂鶴の頭に、茎は首に、葉姿を羽に見立てて、名前がつきました。雄蕊の花粉が赤いのも、丹頂鶴の赤い冠に似ていますね。花言葉は、「愛嬌」「崇高」「謙虚な心」「気品がある」などです。

 

|盆栽にも

庭

自生地は、低山や山地、川沿いの岩場などの、湿った場所ですので、鉢の置き場所は、夏は、半日陰、やや湿り気のある場所が適しています。夏以外は、日なたで育てるのが理想的です。小さな鉢植えにして、盆栽として愛好する人も多いです。庭植えの場合は、ほとんど放任でも育ちます。

|まとめ

鉢植えでは、休眠中に、毎年植え替えたり株分けしたりをします。盆栽の鉢は、二、三年ごとで良いでしょう。堀りあげて大株ならば、3~4分割できます。こうして増やしていきます。根茎は、とても固いので、ハサミを使って切り分ければ楽です。