お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春です 花も旬だが肉も旬〜桜肉の由来〜

桜前線も北日本に到来した今日この頃。日本の春を象徴するサクラの花ですが、肉の呼び名に使われていることお気付きですか?馬肉のことを「桜肉」といいますね。一見何の関係もなさそうなサクラと馬肉。なぜ馬肉が「桜肉」と呼ばれるようになったのか、今回はその由来について調べてみました。

|「美味しい季節」「肉の色 」説

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/283574?title=霜降りの馬刺しの肉&selected_size=s

由来は複数あるようです。
①「馬肉の一番美味しい季節」説
馬は干草や穀類などを食べて冬越しします。青々とした牧草を餌とする夏場よりも、冬場の餌の方が脂がのるため、桜の咲く春が一番馬肉が美味しいのだそうです。
②「馬肉の色」説
馬肉は鉄分が多く空気に触れると、綺麗な桜色になることから桜につながったと言われています。

|「地名」「龍馬の都々逸」説

出典:https://www.photolibrary.jp/img77/17727_233546.html

③「千葉県佐倉の地名」説
江戸時代、現在の千葉県佐倉に幕府の牧場がありました。そこで馬を飼育していたことから「馬といえば佐倉(サクラ)」となったということです。
④「坂本龍馬の都々逸(どどいつ)」説
坂本龍馬が高杉晋作との酒宴で「咲いた桜になぜ駒つなぐ 駒が騒げば花が散る」という都々逸を歌ったことから「駒=馬に桜」がつながったという説です。

|「江戸時代の隠語 」説

出典:https://www.photolibrary.jp/img156/83040_815100.html

⑤「獣肉の隠語」説
江戸時代には殺生や肉食が禁じられていた時代がありました。なかなか表だって肉食ができないため、獣肉に隠語を用い表現していたとのこと。「馬肉=桜」の他に「猪=牡丹」「鹿=紅葉」という隠語もあります。

|まとめ

まだこのほかにも諸説あるようですが、あなたはどの説が一番納得できるでしょうか。馬肉は牛肉や豚肉に比べ、高タンパク、低脂肪、低カロリーなヘルシー食材としても知られています。馬肉の産地で有名なのは熊本県ですが、今はインターネットでも手軽にお取り寄せができます。お花見を堪能した後は、今が一番美味しい馬肉を食べてみるのもいいかもしれませんね。