お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

多種類を組み合わせ長期間楽しめる スイセン

色や形、咲く時期、と様々な種類があるスイセンは、組み合わせて植えておくと、11~4月まで、と非常に長い期間、花を楽しませてくれます。

|美しいものには毒あり

庭

ヒガンバナ科(ユリ科とも)の球根植物です。種類によって、丈は15~50cmと巾があり、早いものは初冬から咲き始めます。イギリス、ヨーロッパ、地中海沿岸に25~30種が自生しています。一部の品種は、中国、日本にも野生で生育します。意外なことに、全種に毒があり、口にしてはいけません。

 

|ナルシストの語源

庭

日本スイセンもラッパスイセンも総称して水仙です。学名はNarcissusで、ナルシストの語源とされています。美少年ナルキッソスは、水面に写った自分の美しい姿に恋し、答えることない相手に憔悴してついに死んでしまいます。そこに咲いた花が水仙、という話は有名ですね。花言葉は「うぬぼれ」「自己愛」などです。

 

|葉は絶対切らないで

庭

花後の葉は、とっても大切です。葉がだらりと垂れたりして、邪魔なのですが、絶対に切ってはいけません。この葉や茎で光合成を行い、球根に栄養を送ることで、来年の花がよく咲くようになるのです。葉が自然に終わっても、土中では根を張っていますので、水やりは忘れないでください。

|まとめ

夏は休眠状態となります。秋早め、10月頃に球根を植えると、霜の前に根を張るので、春の生育がとても良いです。冬から春の生育期は、葉っぱが出ていなくても水分を与えます。球根は掘りあげて分けては増やしていきます。