お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

可憐に咲くスミレ

春の暖かな風を受けながら散歩をしていると、道ばたや草かげにひっそりと咲いているスミレの花を見かけるとほっこりとした気分になります。

|多彩な色のスミレは花言葉もいろいろ〜

庭のすみれ

紫のスミレは愛。白いスミレはあどけない恋、無邪気な恋。

黄色いスミレはつつましい喜び。どの色もキュンとくるような可愛い花言葉です。

|花名の由来〜

出典:http://www.publicdomainpictures.net

花名のスミレは、花の形状が墨入れに似ていることに由来するともいわれます。ひかえめで奥ゆかしいスミレの花姿は、昔の日本女性の姿の様で素敵です。

|スミレとは〜

すみれ2

スミレの仲間は温帯を中心に世界中に広く分布しています。パンジーやビオラなどの園芸品種を除いたスミレ科スミレ属の花を総称してスミレと呼んでいます。

|スミレのローマ神話

出典:http://chabana.blog.so-net.ne.jp/2013-05-05

散歩の途中でヴィーナスが「あの乙女たちと私と、どちらが美しいか?」とキューピッドにたずねたところ、キューピッドが乙女たちのほうが美しいと答えると、ヴィーナスはたちまち機嫌を損ね、乙女たちを殴り続けたのです。乙女たちの顔は紫色にはれてしまいます。キューピッドは乙女たちを気の毒に思い、美しいスミレの花に変えたと言われている悲しい神話があるのです。

|まとめ

スミレは、春になるとよく見かけるとてもかわいらしい可憐な花です。散歩をしているときに、ふと足元に咲いているスミレの花を見かけると、心が和みます。今年もここで咲いてくれていた事に春の喜びを感じます。