お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

グランドカバーにダイカンドラ

ダイカンドラは2~3mmのハート型の葉を持つ植物。草丈は5~10cmと低く、地面をはうようにして成長します。緑色の葉をもつ「レペンス種」とシルバーの葉の「セルケア種」があり、それぞれ好む環境が違います。

|「レペンス種」と「セルケア種」の違い

ダイカンドラ

レペンス種は、半日陰と湿度を好みます。その為、芝生が成長しにくい場所のグラウンドカバーに使われます。セルケア種は、日当たりの良い場所を好み、乾燥気味に育てます。ハンギングや鉢植えにして、シルバーの美しい葉を垂れ下がる様にアレンジすることが多いです。同じ仲間ですが品種の違いで、正反対の環境を好むんです。

|ダイカンドラの種まき

ダイカンドラ

ダイカンドラは、種か苗から育てます。種まきの時期は4~6月か9~10月です。種は1mmほどの小さい物で、色付きのコーティングがされ、土にまいた時にもわかりやすくなっています。種をまいたら、1cmほど土をかぶせましょう。発芽するまで20~30日ほどかかりますので、早く育てたい場合は苗から育てることをおすすめします。

|寒さに弱い

ダイカンドラ

ダイカンドラは、寒さに弱く関東より西の地域の環境が適しています。それらの地域でも、霜があたると葉の色と生育が悪くなりますので、鉢植えは場所を移動させるなどしましょう。グラウンドカバーにしている場合、春になると再び新芽をだして元気になります。

|まとめ

ダイカンドラは、生育が旺盛なので雑草対策にピッタリの植物です。芝生の様に定期的な刈り込みは必要ありませんが、切り戻しを行うと美しく成長します。もしも、成長しすぎた場合は、ダイカンドラの根は浅いので簡単に抜くこともできますよ。