お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

日陰でも育つリュウノヒゲ

濃い緑色の細長葉をもつリュウノヒゲは、日本原産の植物。日陰でも良く育つため木の根元のグラウンドカバーや駐車場のスリット部分などに使われます。

|育て方は簡単

リュウノヒゲ

日本原産のリュウノヒゲは、四季の温度差にも耐える植物です。グラウンドカバーだけでなく、庭の土が雨や風で流れていかない様にする土止めの働きもします。植え付け時期は3~7月、10~11月。育て方は簡単で、地植えをしたら降雨のみで育ちます。

|小さな花と実をつける

ダイカンドラの実

葉を楽しむリュウノヒゲも小さな白い花を付けます。開花期は7~8月。葉の陰に隠れているので見落としてしまいますが、開花期に探してみると楽しいですよ。花が終わると、青黒い実を付けます。5mmくらいの小さな実ですので、花と同様に見落としがちですが、艶のある実はとても美しいです。

|気を付ける事

リュウノヒゲ

リュウノヒゲは日本の四季のある環境にも耐える育てやすい植物ですが、注意することもあります。グラウンドカバーとして用いられますが、踏みつけに弱いので、人通りの多い場所には適しません。また、乾燥しすぎると枯れてしまうので、夏の西日が当たる場所などは避けるとよいでしょう。

|まとめ

リュウノヒゲの仲間に黒い葉を持つ黒竜(コクリュウ)があります。庭植えの他に寄せ植えにも使われ、黒い葉が花とグリーンの寄せ植えを引き締めてくれる効果があります。リュウノヒゲと同様に強い植物です。育てやすい植物は、ガーデニングの強い味方ですね。