お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

ヒヤシンスの切り花を楽しむコツ

球根植物のヒヤシンスは、鉢物や水耕栽培で育てることが多いです。ヒヤシンスは花にボリュームがあるので、花の重みで茎が折れてしまうこともあります。そのような時は、切り取って花瓶に活けて楽しみましょう。今回は、ヒヤシンスの切り花を楽しむコツをご紹介します。

|水は少なく

ヒヤシンス

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/30/16/47/hyacinth-747131_960_720.jpg

球根植物の切り花は水揚げが簡単で、元気がない状態でも水に浸けるとシャキッとします。しかし、水に深く浸かると茎が腐りやすいので、水に浸かる部分は5cmくらいを目安にしましょう。また、水が濁りやすいので水替えは毎日行うのがおすすめです。

|花瓶の口が大きめの物を用意

ヒヤシンス

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/04/26/08/38/hyacinth-1353879_960_720.jpg

ヒヤシンスの茎は太く何本かまとめて活ける場合は、口の広い花瓶を用意します。また、花の重みで茎が折れてしまうこともあるので、ヒヤシンスの花を支えられる高さの花瓶にしましょう。ボリュームのある花を室内へ飾ると、とても華やかな雰囲気になりますよ。

|生花店でも購入できる

ヒヤシンス

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/07/17/09/bouquet-1242607_960_720.jpg

流通量は少ないですが、生花店でヒヤシンスの切り花を扱っているお店もあります。切り花のヒヤシンスには茎の下に白くて固い部分が付いることがあり、それは球根の一部です。切り花を活ける時には茎を切りますが、ヒヤシンスは球根の部分を切り取らずに花瓶に活けると、つぼみまできれいに開花します。

|まとめ

切り花で楽しんでいる途中で茎が腐ってしまった場合、腐った部分から切り取ります。ヒヤシンスの茎は、よく切れるハサミを使ってスパッと一度に切り取りましょう。真横に切るのがポイント。ヒヤシンスを室内へ飾って春を楽しんでみませんか?