お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

トゲのある葉が特徴のヒイラギナンテン

原産地が中国や台湾のヒイラギナンテンは、トゲのある葉が「ヒイラギ」に、実を付ける姿が「南天」に似ていることからこの名前が付いています。

|日陰に強い

ヒイラギナンテン

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2012/03/17/16/32/holly-22789_960_720.jpg

常緑性の葉を持つヒイラギナンテンは、日当たりが悪い環境でも育ちます。しかし、全く日が当たらない場所では、葉のツヤが悪くなり弱々しい姿になりますので、美しい姿を保つには半日陰くらいの環境が良いでしょう。

|黄色い小さな花をつける

ヒイラギナンテン

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/06/04/13/48/plant-362005_960_720.jpg

開花期は3~4月です。茎の頂点から数本の花芽を出し、小さな黄色い花を多数咲かせます。香りが良い為、この時期は虫も集まりやすいです。花が終わったら、ブドウの房の様に青黒い実を付けた姿を楽しめます。

|成長が遅い

ヒイラギナンテン

庭のヒイラギナンテン

ヒイラギナンテンは成長が緩やかで、簡単なお手入れで育てることができます。上へ伸びる性質があり枝分かれしにくい為、生垣として利用したい場合は剪定を行います。剪定は、11~2月に行いましょう。茎の切断面から枝が伸びてきますので、バランスを見て切り取ります。

|まとめ

ヒイラギナンテンは、植える環境によって紅葉を楽しむことができます。半日陰で育てると、葉の色が赤くなることが多いようです。和風や洋風どちらの雰囲気にも合い、育てやすいのでお庭のアクセントとして植えてみてはいかがでしょうか。