お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

ラナンキュラスの花を楽しむコツ

薄い花びらが幾重にも重なるラナンキュラスは、春の訪れを感じさせてくれる花です。花色は、黄・オレンジ・ピンクなどの鮮やかな色から紫やワインレッドの落ち着いた色があります。切り花でも人気のある花です。

|高温多湿に弱い

ラナンキュラス

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/17/17/41/flowers-1263452_960_720.jpg

ラナンキュラスは秋植えの球根植物で、原産地は東欧・南欧~アジアになります。4~5月に開花し、花が終わったら球根を堀り上げましょう。10月になったら球根を植え付けます。冬から春の時期は、日中はよく日に当てると良いでしょう。高温多湿で球根が腐ることがあるので、雨の当たらない場所で育てます。

|切り花を楽しむ

ラナンキュラス

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/04/06/13/45/flower-1311812_960_720.jpg

ラナンキュラスの切り花は2月頃から生花店で見かけます。茎は穴の開いた筒状をしており、切断面が弱く腐りやすいです。バラなど茎のしっかりした花は、水と接する面を広くする為に斜めに切りますが、ラナンキュラスは真直ぐ切ります。花瓶に生ける場合は、水を毎日かえましょう。

|フラワーアレンジメントにして楽しむ

ラナンキュラス

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/04/27/08/44/flower-1356168_960_720.jpg

華やかな花を咲かせるラナンキュラスは、春のアレンジメントに欠かせません。茎が弱いので、真直ぐに切って吸水性スポンジへ挿します。ラナンキュラスの種類によって、花が大きく茎が細いものもあり、茎で支えられない場合もあります。その場合、ワイヤーをラナンキュラスの筒状の茎に通し補強してもよいでしょう。

|まとめ

ラナンキュラスは、花や葉に水がかかると腐りやすくなります。雨の多い日本では、地植えよりも鉢植えの方が育てやすいです。切り花として楽しむ場合も、水をかえる時に花へ水がかからない様に注意しましょう。