お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

海外のバレンタインデーはバラを贈る?

バレンタインデーは、国によって習慣が異なります。海外では、男性から女性へ贈り物をする国も多く、バラの花束などが人気です。

|バレンタインデーとは

バラ

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/01/29/23/57/rose-2019692_960_720.jpg

バレンタインデーの起源は、西暦3世紀のローマ帝国までさかのぼります。当時、ローマでは若い兵士の士気が下がるのを防ぐため、結婚を禁じていました。キリスト教の司祭バレンタインは、密かに若い男と娘の結婚を行っていたのです。その事が明るみにでて、ローマ皇帝の怒りをかい2/14に処刑されます。その後、2/14は恋人たちの日として伝えられるようになりました。

|世界のバレンタインデー

バラ

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/29/06/20/anniversary-1867767_960_720.jpg

バレンタインデーの過ごし方は、国によって様々です。日本では、女性から男性へチョコレートを贈る習慣があります。また、韓国も日本と同様に、チョコレートを贈る習慣があるそうです。フランスでは、男性からパートナーへ花を贈ることが定着していて、赤バラが人気なんですよ。台湾では、バレンタインデーに贈るバラの本数で気持ちを伝えることもあり、100本のバラは「結婚してください」の意味で、プロポーズをする人もいるのだとか。

|愛を伝える赤バラ

バラ

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/06/25/19/08/roses-821705_960_720.jpg

赤バラの花言葉は、「情熱」「愛情」「あなたを愛します」です。この意味から、結婚式のブーケにもよく使われます。赤バラと言っても多くの種類があり、色の濃さや花びらの形など様々です。かわいらしい雰囲気の女性には丸いカップ咲き、スタイリッシュな物が好みの女性には花びらが尖った剣弁咲きなど、贈る女性の雰囲気に合わせて選ぶ事もできますよ。

|まとめ

バラを特別な日の贈り物にする方も多いことでしょう。本数が多い場合は、あらかじめ生花店へ予約をしておくことをおすすめします。市場で仕入れる花は、固く閉じているものが多く、生花店で開花を調整します。予約しておくと、咲き加減を調整したバラを準備してくれることでしょう。