お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

凍える冷たい風に耐え 寒菊

厳しい寒さや霜に耐え、それでも凛と咲く小型の菊を寒菊と呼びます。強さと美しさは見る人に元気をくれますよ。

|寒に咲く

http://www.sanyasou-sodateru.com/saibaiaki/kangiku/kangiku.htm

http://www.sanyasou-sodateru.com/saibaiaki/kangiku/kangiku.htm

キク科、耐寒性多年草です。原産地は中国。二十四気の中には小寒、大寒などがあり、冬のうちでも最も寒気の激しい季節です。そんな季節に咲くなんてかっこいいですね。寒に咲くから寒菊で、黄色、白色が主で、花も葉も小型です。秋咲きの小菊や、アブラギクを品種改良しました。

 

|昔から愛されて

雪の日の寒菊

雪の日の寒菊

キクは、漢名「菊」の音読み「究極、最終」を意味します。霜にあうと葉が紅葉し、その様子からテリカンギク(照寒菊)と呼ばれたりします。寒菊は冬の季語で、たくさんの俳句に詠まれています。” 寒菊にかりそめの日のかげり果つ 中村汀女  ”

 

|来年を目指して

一月の庭

一月の庭

育て方は、やはり日当たりと水はけの良い場所というのは外せません。春~五月ころ、根元からは新しい芽が出ていますので、それを植えても挿し芽をしても、簡単に増やせます。新しく育てる方は、秋にポット苗が出回ります。

 |まとめ

植物学的には、油菊(アブラギク)といい、西日本に多く自生しています。花言葉は、「けなげな姿」「真の強さ」「繊細」などがあり、どれも頷ける内容です。花の無い寂しい季節を想像して、春には増やしてみましょう。咲いても、厳しい寒さで傷んでしまう地方では、美しさからすれば寒冷地は不向きかもしれません。