お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

上品な紫色がシック ベロニカ・グレース

紫色の小花が集まり穂となる形状は、とても人の目を惹き、葉と茎の色も美しいので、カラーリーフとしても利用されています。

|花は年二回咲きます

http://www.engei.net/Browse.asp?ID=99224

http://www.engei.net/Browse.asp?ID=99224

オオバコ科(かってはゴマノハグサ科)で、耐寒性のある多年草です。ベロニカはヨーロッパからアジアにまで広範囲に200~300種が分布しています。日本でも20種くらいが自生しています。種類により、草丈や花期は違いますが、小花を茎の先に穂のようにつけるという特徴があります。ベロニカグレースは、5~6月に開花し、夏は休み、10~12月にまた咲きます。地植えにすると丈は50cmほどになります。ほかにベロニカ・スピカータ、ベロニカ・ロンギフォリアなどの種類があります。

|寒さと共にチョコレート色

http://item.rakuten.co.jp/wfgarden/veronicagrace/

http://item.rakuten.co.jp/wfgarden/veronicagrace/

花の美しさだけではなく、葉に特徴があります。濃い深緑色の葉は、肉厚で艶があり、寒さとともにチョコレート色に変化します。そこがこの花の魅力でもあります。茎も赤いので、キリッと引き締まった感じがあり、花の無い時期のカラーリーフとして存在感があります。冬の寄せ植えにも利用されます。ベロニカ全般の花言葉は、「忠実」「名誉」「人の良さ」などです。

|夏にはご用心

庭

育て方では、日当たりは第一条件です。水はけの良い場所を選び植えましょう。腐葉土を混ぜると良いでしょう。液肥をたまに与えます。三年に一回くらい株分けや植え替えをしましょう。挿し木で増やせます。耐寒性はあるので、夏が要注意です。鉢植えの場合は、木陰に移動したりできるのでいいですね。挿し木は、夏に枯れた時の予備としてもぜひしておいた方がいいですね。

|まとめ

学名Veronicaはキリスト教の「聖女ベロニカ」に捧げられました。十字架を背負ってゴルゴタの丘へ歩くキリストへ、汗をぬぐう布を差し出した伝説上の聖女です。キリストはその布に面影を写して返したとか。