お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

冬枯れの庭にきらり 冬咲きクレマチス

初夏に咲くクレマチスは、枯れたような姿で冬には休眠してしまいますが、じつは冬枯れの庭を彩ってくれる冬咲きという品種があります。

|アーチやフェンスに絡ませて

庭

よく知られているのは、初夏に咲くクレマチスですが、何度も繰り返し咲く四季咲きタイプもあります。ここでは冬咲きタイプを知って頂きたいです。キンポウゲ科で、花色は白やアイボリー、咲き方も下向きにと、とても地味な印象ですが、それがまたとても可愛いのです。3m以上に蔓が伸びるのもあり、フェンスやアーチに絡ませることも出来ます。

|常緑性と落葉性

https://www.shuminoengei.jp/?

https://www.shuminoengei.jp/?

冬咲きにも常緑性と落葉性があります。常緑性の代表種はウンナンエンシスで、夏に伸びたつるの節々に花をつけ、花弁の先きが反り返っていてベル型です。落葉性の代表種は、シルホサ、ジングルベル、日枝(ひえ)などがあり、夏は休眠し、秋から生育して、冬にパラシュート型の花を咲かせます。花言葉は、「高潔」「美しい心」「喜び」などがあります。

|剪定はとつても大切

庭

春咲きのクレマチスもそうであるように、冬咲きも水が大好きです。たっぷりと与え、水切れにならないように注意して下さい。常緑系は、ツルが3~4mにもなります。コンパクトに育てるためにも、六月下旬までにつるの三分の一を残して切り詰めましょう。一方落葉系は、四月に伸びたツルの半分のところを切りましょう。これより遅くなると、夏には休眠してしまうので、ツルが育たず来年の花付きが悪くなります。

|まとめ

庭

常緑性も落葉性も三年以上の古い株は、株元から少し上をカットして、若い枝を出させて更新すると、来年の花付きが良くなります。花の後は、美しい綿毛をつけた種が飛びます。