お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

お正月飾りの門松

お正月を迎える準備は終えましたか?今日は、年神様をお迎えする門松を飾る最終日です。今回は、門松について見ていきましょう。

|お正月に門松を飾るのはなぜ?

プロカメラマン撮影のフリー写真素材・無料画像素材のプロ・フォト

出典: https://pro.foto.ne.jp/

お正月は、年神様をお迎えしてお祝いをする行事です。年神様は、その年に家族に幸せをもたらしてくれると言われ、家族の健康や五穀豊穣を見守ってくれます。門松は、年神様の依り代です。依り代とは神様が依りつく対象のことで、ご神体や神域を指します。また門松は、年神様が迷わず訪れてくださる為の目印の役割もあるのです。

|門松はいつまでに飾る?

プロカメラマン撮影のフリー写真素材・無料画像素材のプロ・フォト

出典:https://pro.foto.ne.jp/

門松は、12/13~12/30の正月事初めに飾るとされています。現在は、日本でもクリスマスは特別な日として過ごすので、クリスマスが終わった26日以降に門松を飾ります。デパートや企業で門松が飾られるのは、28日が多い様です。29日だと「二重苦」の意味となり、31日は「一夜飾り」で神様に失礼にあたるからです。また、30日は旧暦で月の最終日である晦日に当たる為、一夜飾りと同じ意味になるとされ避けられています。

|松を飾る理由

松

出典:https://pixabay.com/en/pine-plant-tree-branch-needles-1884335/

松は一年中緑色の葉をつけている為、昔から生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされていました。また、松の語呂から「待つ」「祀る」を連想させ、年神様をお迎えする為の目印となっていったのです。門松は、松と一緒に縁起の良い竹や梅と合わせて飾られます。現在では、飾るスペースが取れない場合もあり、省略版の枝ぶりの良い若松に水引を蝶結びにしたものも使われています。

|まとめ

門松を飾る意味を知ると、昔からお正月を大切に過ごしてきたことがわかりますね。門松は松の内とされる期間中に飾ります。松の内は地方によって異なり、関東地方では1/7、関西地方では1/15までとされています。また、京阪・岐阜・石川・群馬では1/20まで飾る風習が残っている地域もあります。地域の風習も大切にしたいものです。