お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

賛美歌で歌われるアイビー

アイビーは、ガーデニングやフラワーアレンジメントに欠かせない植物です。そのようなアイビーが、賛美歌で歌われているのをご存じですか?18世紀初頭から伝わるクリスマスキャロルの「The Holly and the Ivy(ひいらぎとつたは)」で出てきます。

|永遠の象徴

アイビー

出典:https://pixabay.com/en/ivy-green-leaves-climber-1405895/

常緑の葉を持つアイビーは、永遠の象徴とされています。花言葉は、「永遠の愛」「結婚」「不滅」「友情」「誠実」です。花言葉から、結婚式でも良く使われる花材です。クリスマスでは、リースやアレンジメントに使われています。

|学名はしがみつくが語源

アイビー

出典:https://pixabay.com/en/wall-climbing-plants-ivy-green-1453158/

アイビーとはウコギ科キヅタ属の植物の総称で、学名はHederaです。ラテン語でしがみつくを意味するhaerereが語源となっています。アイビーは、ツタを伸ばし増えていく植物で、壁面の緑化にも使われます。

|育てやすい

アイビー

出典:https://pixabay.com/en/ivy-log-autumn-bark-climber-1812448/

アイビーは丈夫で、手入れをしなくても増えていく植物です。日陰でも育ちますが、日に当てる方が葉の色がきれいになります。水やりの頻度は控えめで大丈夫です。乾燥しすぎるとハダニが発生しやすくなる為、水をかけて予防しましょう。

|まとめ

アイビーを壁面にはわせると、気根を絡みつかせてツタを伸ばしていきます。アイビーを壁からはがす際に、気根の跡が残りやすいので注意しましょう。アイビーは生育が良いので生育範囲が限られている場合は、年に数回切り戻しを行います。切り取ったアイビーをリースにして楽しむのもおすすめです。