お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

冬には欠かせない彩りパンジー、ビオラ

花壇や寄せ植えといえば、すぐにパンジー、ビオラを思いつくほどポピュラーで、特に冬には欠かせない植物です。

|色の豊富さが抜群

庭

学名ビオラViolaはラテン語で「紫の」という意味です。花色は紫色をはじめとして黄、白、青、ピンク、赤、オレンジ、茶、黒、混じりなど、じつに豊富です。北ヨーロッパ原産で、別名は三色菫(サンシキスミレ)です。一般的には小型のパンジーをビオラと呼びます。具体的には花径5cm以上をパンジー、4cm以下をビオラと決められていたりしますが、最近は交配が進み、見分けられないことが多いです。

|花言葉も色別に

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

パンジーは、花の模様が人の顔に似ており、前に俯いたような花の様子が、まるで深く考え込んだ人の表情に見えることからPenSee(パンセ)「思想」に由来しているようです。全体的な花言葉は「物思い」「私を思って」「陽気さ」、ビオラでは「誠実」「信頼」「忠実」「少女の愛」などがあり、花の色それぞれに色別に面白い花言葉がありますので、調べてみてくださいね。

|種から育ててみよう

庭

タネは、9月頃に蒔くと、12月には咲き出すものもあります。これより遅くてもいいのですが、花は遅れます。発芽するまでは明るい日陰に置いて、発芽したら十分日に当てましょう。出回っている鉢を購入するときは、11月中に植えます。両方とも、寒くなる前に根を張らせておくことが大事です。丈夫なので、しっかり根づかせてしまえば、春遅くまで長期間花を楽しめます。

|まとめ

パンジーもビオラも、春になると次々と花が咲きますので、栄養不足とならないよう、液肥を10日に一度はあげましょう(冬は控えてください)。余談ですが、中央ヨーロッパの共和国であるポーランドは、沢山の花色を持つパンジーを国花としています。