お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

日本人には冬至の必需品 ユズ

桃栗三年、柿八年、柚子の大馬鹿十八年、こんな言葉がありますよ。植えてから実になるまでの年月を表しています。柚子の実は、長い年月がかかります。

|英名でもyuzu

柚子

ゆずは漢字では「柚子」と書き、別名は柚(ゆ)、本柚(ほんゆ)、本柚子など。その仲間には、スダチ、カボス、シークワーサーなどがあります。ミカン科の中でも特に耐寒性があるのが柚子です。中国原産の常緑性低木で1.5mほど。日本では奈良時代にすでに栽培されていたとか。9~12月下旬までが収穫期です。ほのかな苦味を利用して柚子胡椒が作られて、海外でも英名yuzuで流通しています。

|今年の冬至は

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

古くは「柚」と呼ばれていましたが、酸っぱいことから「柚の酢」と呼ばれるようになり、柚子に変化しました。昔から冬至に入る柚子風呂が日本人にはお馴染みですね。江戸時代からの習慣で、柚子を浮かべたお風呂に浸かると、風邪をひかないと言い伝えられています。実際に血行を促進するし、果皮に含まれたクエン酸やビタミンCは美肌効果があり、香りにはリラックス効果があります。ちなみに2016年の冬至は12月21日です。

|生活に密着して

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

柚子の花は、5~6月に白い花を咲かせます。花言葉は、「健康美」「汚れなき人」「恋のため息」などがあります。自家結実性があり、一本でも実をつけ、気候さえ合えば、栽培は比較的簡単です。温暖化で、栽培できる地域も広がっています。実の利用範囲は広く、茶、ジャム、ジュース、料理にと生活に密着しています。

|栽培は簡単というけれど

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

病気も少なく、栽培は簡単とはいえ、いくつかの注意点はあります。ミカン科はアゲハチョウの大好物なので、卵を産み付けられると芋虫が生まれ、あっという間に葉が丸坊主になります。早めに見つけ消毒が必要です。早く大きくしたい場合は、夏の水やりを欠かさず、夏枝をよく伸ばしましょう。剪定は、内部まで日が当たるように、外へ広がるようなやり方を心掛けます。

|まとめ

柚子の実は、実るまで長い年月がかかりますが、カラタチに接木することで5年くらいまでに短縮できるそうです。接ぎ木で増やしますが、台木は、やはりカラタチです。摘果も必要なので、未熟な果実は果汁用に利用します。