お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

大きな手のひらのような葉 ヤツデ

大きく厚みのある濃い緑色の葉が特徴です。ヤツデ(八つ手)は、日本では昔から「八」は末広がりで縁起の良い数字なので、庭木として好まれました。

|葉には切れ込みが

庭にて

庭にて

ウコギ科で、日本原産の常緑低木です。1.5~3メートルの樹高があり、本州福島よりも南から沖縄まで分布しています。葉は光沢があり、大型なので、別名をテングハウチワと呼ばれています。7~9ケ、多いものは11ヶの切れ込みが入り裂けています。ヨーロッパには、1838年に入ってきたという記録があり、世界にも知られています。葉径は20~40cmあり、大きな葉は目隠しになるので、塀際などに植えて利用されています。

|球状の白い花

庭にて

庭にて

秋には、球状にまとまって白い花がたくさん咲き、翌五月には、黒く熟した実も付きます。学名は、Fatsia  Japonica 日本産の「八」あるいは「八手」の意、でこれが由来です。花言葉は、「分別」「親しみ」「健康」などです。大きな葉は、手のようで、人を招くということで、「千客万来」の縁起の良い植物として、玄関に多く植えられました。

|勢いが良すぎて

https://www.google.co.jp/search?

https://www.google.co.jp/search?

半日陰が好み、湿り気のある場所が適しています。放任すると、枝分かれせず上へばかり伸びてしまうので、切り戻してわき芽を発生させます。また株元からヤゴ(勢いのある枝)が発生し、幹が何本もある大株になり、暗い雰囲気になります。弱い古い枝は切り取り、新しい枝を伸ばして、常に3~5本にして、すっきりと見栄えよく育てましょう。

|まとめ

葉が大きい分、うす暗くなったり、圧迫感があったりしますので、11~12月に、上部の葉を三枚残して、下方の大きな葉は切り取りましょう。葉の枚数を減らすことにより、成長が緩やかになり、翌春の葉は小さくすっきりと育ちます。