お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

こんなに美しいピンク マユミの実

花は、あまり目立ちませんが、秋には、可愛く美しいピンクの実が垂れ下がり、黄葉とともに、長く楽しめます。

|錦のように美しく

庭にて

庭にて

原産地は、日本、朝鮮半島、中国です。樹高3mくらいの落葉低木。日本の風土に合っていて、栽培は容易で、毎年紅葉と果実を楽しめます。ニシキギ科。ニシキギ科のものは、錦のように美しい紅葉が特徴です。マユミは、黄葉ですが、なにより美しいのが四角い形をしたピンクの実です。熟すると殻が割れ、中から鮮やかな紅色の種が現れ、それは落葉後も残り、とても風情があります。

|生活に密着し利用されて

http://www.ishikawa-midori.jp/gallery/3762/

http://www.ishikawa-midori.jp/gallery/3762/

木の質は、細かく詰まっていて粘りがあり、硬いのに柔軟性があるので、弓を作ったことから「真弓(マユミ)」と呼ばれます。現在は、こけしや将棋のコマの材料として利用されています。また、マユミの樹皮で和紙を加工したものを「ダンシ(檀紙)」と呼んでいたことから「檀(マユミ)」とも表します。花言葉は、「真心」「艶めき」「心に潜んだ」「あなたの魅力を心に刻む」などがあります。

|日当たりと水やり

庭にて

庭にて

日本に自生する植物なので、栽培は簡単です。日当たりに植えることを心掛けましょう。日なたに植えることで、毎年紅葉と果実を楽しめます。盆栽など鉢植えでは、乾いたら水やりの基本は必要ですが、地植えでは心配いりません。雌雄異株(しゆういしゅ)で、雌雄両方に花は咲きますが、実をつけるのは雌株のみです。白マユミという白い実のつく品種もあり、果実は小さく成長も遅いです。一般に出回っているのは雌株です。 

|まとめ

庭木のほかには、公園樹としてよく見ることができます。山野に自生しているのは、樹高も高く、万朶に赤い実を付けた様子は、ハッと目につく美しさです。冬枯れの山野にも赤い実は残り、よく目立ちます。