お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

長い茎の先に咲くツワブキの花

秋から冬にかけ、菊のような黄色い花を咲かせます。大きな艶々した蕗のような葉っぱが特徴的です。

|艶のある大きな葉

ツワブキの葉と花

ツワブキの葉と花

キク科の常緑多年草。葉の質は分厚く、深緑色をして光沢があります。東北地方から沖縄にまで分布しています。海外では、台湾、朝鮮半島、中国の海沿いの草原や林の縁に自生します。漢字では石蕗、艶蕗と書き、別名は、ツワ、オカバス、イシブキ、イソブキなどと呼ばれています。春の若葉は、茹でて食することが出来ます。10~12月に、葉の間から30~60cmくらいの花茎を伸ばし、10輪ほどの黄色の頭状花をつけます。

|いつも笑顔での花言葉

庭

「いつも笑顔で変わらない」という素敵な花言葉を持っています。ほかには、「困難に傷つけられない」「謙遜」「謙譲」などがあります。名前は、ツヤのある葉ということで、また、長い茎と葉がフキに似ていることから、ツヤブキ、それが変化してツワブキとなりました。島根県津和野市では、ツワブキが町のシンボル花となっています。八重咲き、アネモネ咲きがあり、花色は黄色のほかに、クリーム色、朱色などの園芸品種があります。

|明るい日陰の花

http://hitachikaihin.jp/hana/hana-2469.html

http://hitachikaihin.jp/hana/hana-2469.html

鉢植えにも、地植えにも向いています。なによりの特徴は、耐陰性があり、日陰で育ちます。常緑なので、冬も緑が残り、古くから庭の下草に植えられました。病害虫もほとんど無く育てやすいです。極端に暗いと、ヒョロヒョロに育ちますので、明るい日陰が理想です。増やし方は、根茎を切り取り、4~5月、9~10月に株分けしましょう。冬の防寒の必要はありません。

|まとめ

明るい日陰に植え、一度根付けば、水も肥料もさほどは要らないし、病気にかかりにくく、虫も付きにくい、とても育てやすい植物です。常緑なので、一年中、カラーリーフとして庭を彩ってくれます。