お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

地面に落ちた星のような小さな花ルコウソウ

夏には、細かな繊細な葉がよく繁るので、フェンスに利用したり、グランドカバーにもなります。但し、花は、秋になってからの方がよく咲きます。

|ルコウソウとは

http://tokyo-eastpark.com/modules/plants_info/details.php?bid=2653

http://tokyo-eastpark.com/modules/plants_info/details.php?bid=2653

ヒルガオ科で、熱帯アメリカが原産地です。旺盛に蔓を1~3mも伸ばすツル性の多年草です。江戸初期に渡来し、カボチャアサガオと呼ばれていました。カボチャとは、カンボジアのことです。葉は細かな羽のような切れ込みが入り、柔らかな印象を受けます。英名サイプレスバインの名前で出回っているかも知れません。花は星形で、ピンク、赤、白などの色があります。一つ一つは小さいのですが、色鮮やかなのでとても目立ちます。本来は多年草ですが、寒さに弱く冬には枯れるので一年草扱いとします。

 

|種類、花言葉

野に咲くマルバルコウソウ

野に咲くマルバルコウソウ

ルコウソウは留紅とも書き、文字通り花色に由来しています。仲間には、葉がハート型で、雑草化している濃いオレンジ色や白色があるマルバルコウソウ、五角形の花を持つ交配種のハゴロモルコウソウがあります。マルバルコウソウは、あまりの繁殖力で畑などでは邪魔者扱いですが、その鮮やかな花色は、とても雑草とは思えない美しさです。花言葉は、「多忙」「おせっかい」「でしゃばり」「世話好き」「繊細な愛」などです。

|育て方

https://www.shuminoengei.jp/?

https://www.shuminoengei.jp/?

苗で出回ることは少なく、春にタネ蒔きをして育てます。発芽温度は25度C前後。移植を嫌うので直まきしましょう。病気にも虫にも強いので、育てるのは簡単なのですが、日当たりを好みます。自分の力では立ち上がらないので、支柱を立てましょう。葉は、緑のカーテンとしても使えます。葉が小さいので、レースのような木漏れ日が美しいです。花が咲くのは、秋になってからです。

 |まとめ

野生では多年草で、野生化したマルバルコウソウなどは、毎年よく出て来て咲きますが、園芸品種では、春、タネを蒔き、冬に枯れる一年草として扱います。短日植物なので、日が短くなる夏の終わりからよく咲くようになります。