お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

秋の訪れを告げる甘い香り〜キンモクセイ〜

秋の訪れを感じる香りといえばキンモクセイ。花は見えなくても、どこからか風に乗りやってくる甘い香りは、日本人にとってはお馴染みですね。オレンジ色の小花も可愛らしく、庭木として植えている方も多いはず。また昭和世代の人にとっては、キンモクセイといえば、連想するものもあるのではないでしょうか。

|季節の香り 三大香木

出典:https://www.photolibrary.jp/img58/9368_175343.html

キンモクセイはモクセイ科の常緑性樹木です。9月下旬頃からオレンジ色の小さな花が集まるようにして咲くのが特長です。原産地の中国では、その香りが「千里先まで届く」ともいわれています。春のジンチョウゲ、初夏のクチナシと並び「三大香木」と呼ばれ、季節の移り変わりを感じる花として親しまれてきました。

|強い香りで悪臭を絶つ

出典:https://www.photolibrary.jp/img310/225537_2770970.html

その強い香りゆえ、一昔前の日本ではトイレの近くにキンモクセイを植える家庭が多くありました。現在は水洗トイレがほとんどですが、昔はトイレには悪臭がつきものでした。それを少しでもカバーするために、香りの強いキンモクセイを利用していたのです。

|昭和世代は芳香剤を連想

出典:https://www.photolibrary.jp/img224/19245_1631206.html

また昭和の時代、トイレの芳香剤といえば「キンモクセイの香り」が主流でした。「キンモクセイ=トイレの香り」を連想する昭和世代の方々も多いのではないでしょうか。今はラベンダー、柑橘系、石けん、森の香りなど、バリエーションに富み、キンモクセイの香りはほとんど芳香剤の中ではみられなくなりました。これは水洗トイレの普及や、消臭技術の発達によるものだとのことです。

|まとめ

香りにどことなく懐かしさを感じるは、昭和の記憶のせいでしょうか。秋の始まりを告げるキンモクセイ。せっかく咲いても、雨が降るとあっけなく散ってしまうのが、とてもはかなく感じます。みなさんは、秋の甘い香りに今シーズン出会えましたか?