お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

晴れた秋空に美しき山野草「リンドウ」

この青紫色に輝く花を咲かせるリンドウを見て、秋の訪れを感じる方は多いことでしょう。野山を背景にひたむきな姿で自生しているリンドウや園芸品種としても多彩なリンドウをご紹介しましょう。

|薬用植物として

https://pixabay.com/static/uploads/photo/2016/01/02/18/43/gentian-1118589_640.jpg

日本では本州、四国、九州などに分布。漢方薬として知られる「竜胆(りんどう)」は、乾燥させた根や地下茎を胃の調子に効果がある健胃剤として使用します。日光の二荒山神社では、修験者がウサギを通してこの薬効を発見したという言い伝えがあります。

|花材としてのリンドウ

http://www.hanasasara.com/wp-content/images/L1110144%E2%91%A0.jpg

花材でリンドウといった場合には、ササリンドウ、エゾリンドウ、ミヤマリンドウとこれらの交配種、改良種すべてを指します。花は鐘状または筒状で、半開や開かないものも多く、ほふく性、直立性、矮性、高性などさまざまな形状があります。これからの季節、「和」を感じさせながら秋の草花たちと生けると風流さが増しそうですね。

|青の印象

https://pixabay.com/static/uploads/photo/2016/05/10/14/28/nature-1383881_640.jpg

青い花といえばリンドウの他にもデルフィニウム、桔梗、ブルースターなどがあります。私自身が受ける印象ですが、青い花は凛としてひたむきな美しさがあるように思います。その中でもリンドウは冷静さとひかえめな印象。切り花では開花せず蕾のまま終わることが多く、咲いたと思っても水がかかってしまうと花が閉じるという点があることからそんなリンドウの澄んだブルーに魅せられてしまいます。

|まとめ

リンドウは「竜の胆」と書くのですが、根の味が竜の胆のように苦いことから名づけられました。花言葉は「あなたの悲しみに寄り添う」「淋しい愛情」「貞淑」。このような言葉から切なさを感じる一方、「勝利」、「正義感」という花言葉もあり病気に勝つことができる霊草であることから産まれたものだそうです。また、上を向いて咲くので、健康への「勝利」を確信する強い印象のリンドウです。