お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

心和む色彩“ペチュニア”

真夏は花が減るものの、ペチュニアは春から晩秋にかけて咲き続けます。カラフルな花色のバリエーションが豊富で、星咲きやブラック系などの個性派も次々に登場。鉢植え、寄せ植え、花壇でコンテナやハンキングバスケットで楽しむ花としてポピュラーです。

|熱い育種競争

出典:http://www.engei.net/Browse.asp?ID=101477

南アメリカに約35種が自生しています。初めはにウルグアイで見つけられた白花がヨーロッパに伝えたれ、後にブラジルから赤紫の花が伝わって交配し、今の園芸品種につながっています。日本では戦前、種をまくとすべて八重咲きになる品種を育成しました。その後、挿し芽でふやせる栄養系サフィニアを生み出すなど育種の成果をあげ、品種改良で現在でも熱い競争が繰り広げられています。魅力的な新品種の登場が楽しみな花でもあります。

|なじみやすい花姿

出典:http://www.engei.net/Browse.asp?ID=101477

花姿にくせがなく、花色も豊富なのでどのような花とも合わせられますし、和風や洋風、自然風のアレンジすべてに使えます。逆に個性を出すのが難しい花ともいえます。花弁は薄く、風や雨ですぐ破れてしまいそうだが、次々と咲き誇るふんわりしたペチュニアの強さと安らぎを感じます。

|花つきをよくするためには…

http://eco-le.jp/uploads/content/image/31081/________2.jpg

種をつけやすいので、花つきを維持するために花がらは摘み取ります。植え付け初めには摘心をして枝を増やします。伸びすぎたら、丈夫な葉を残して切り戻します。夏前に一度切り戻しを行えば、秋にきれいな姿で咲いてくれるでしょう。肥料は元肥に長期間効果があるものを使い、花をどんどんつけるようになったらさらに液体肥料を与えて株に元気をつけさせましょう。

|まとめ

ペチュニアは生け花に使うよりバスケットやプランタに植えるなどの定番の花です。ガーデニングにかかせない植物の一つで様々な彩りで咲き、多くの人を魅了させます。花言葉にあるようにペチュニアは心に安らぎと和みを与えることでしょう。