お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

まるで蝶?蜘蛛?『クレオメ』

花が少なくなる真夏に元気良く咲く「クレオメ」。
日本には明治時代の初めにヨーロッパから渡来し1970年代には盛んに栽培されていましたが、一時姿を消しました。花色も増え、また人気が出はじめた最注目の花です。
まっすぐ直立した茎は80〜100cmにもなり、美しい個性的な花を咲かせます。その姿から付けられた色々な名前をご紹介します。

|別名「スイチョウカ(酔蝶花)」

御嶽山

開花時期は7〜9月。4弁花を多数房状に咲かせます。1つの花の大きさは約3cmほど。花冠は15cmにもなります。花色は白・ピンク・紅紫などがあり、蕾は濃い色で、咲くと薄い色に変化していきます。別名の酔蝶花は、この花色が変化する様子に由来しています。因みに「クレオメ」は学名「Cleome spinosa」の属名から。
1輪の花の寿命は短いですが、毎日下から上に向かって咲き進み、夏の間長く花を楽しめます。

|和名「セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)」

風に蝶が舞うような花姿から付けられた名前です。なんと優雅な名前なのでしょう。
花言葉は「あなたの容姿に酔う」「小さな愛」「風に舞う」「秘密のひととき」。
夕方に咲く花から「秘密のひととき」の花言葉が付いたようです。

|英名「Spider flower(スパイダーフラワー)」

太くて長い雌しべと、さらに長い雄しべが突出している姿を脚の長い蜘蛛にたとえて「クモ(蜘蛛)の花」と呼ばれています。同じ花なのに、国によって全く違ったイメージになるんですね。
言われてみれば、蜘蛛っぽい気もしますが、蝶のイメージのままでいたい!

|まとめ

とても強い植物なので、こぼれたタネでどんどん増えていきます。群生していることが多いので、勝手に増えているのかと思ったら、倒れやすい性質から密植気味に植えているとの事。花壇などで単独に植える場合は、支柱などで支えてあげましょう。
水上げが悪いので、切り花には向きません。
暑い夏、風に揺れる「クレオメ」、蝶?蜘蛛?・・皆さんはどちらに見えますか?