お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

植物のお医者様、マリーゴールド

初心者にも育てやすく、春から秋まで咲き続ける優秀な植物です。花色が、オレンジ、黄色、赤色と華やか系が揃っているので、夏の花壇を彩るには最適です。

|マリーゴールドとは

フレンチマリーゴールド

フレンチマリーゴールド

キク科。一年草。メキシコ原産です。大きく分けると、アフリカン種とフレンチ種があります。アフリカン種は、大型種で草丈は50cm~2mにもなり、鉢植えには不向きです。フレンチ種は、草丈が15~40cmの小型~中型です。暑さにはやや弱く、夏には花が咲かなくなる傾向がありますが、初秋以降再び花を咲かせます。コンパニオンプランツとして重宝されています。

|コンパニオンプランツ

茄子の近くに

茄子の近くに

コンパニオンプランツとは、互いに良い影響を与え合う植物のことをいいます。マリーゴールドが植物のお医者様と言われるのは何故でしょう。マリーゴールドの根には、害虫のセンチュウを餌にする線虫捕食菌が共生しています。また、花の香りがアブラムシなどの害虫を遠ざけます。その被害に遭いやすい植物を近くに植えておくと、被害を抑えることができるのです。

|育て方、増やし方

アフリカンマリーゴールド

アフリカンマリーゴールド

枯れた花は、花茎ごと切り取りましょう。そのままにしておくと、見た目の汚さだけではなく、雨で腐ったり、種が出来て栄養を取られたりします。葉が茂ると風通しが悪くなり蒸れます。早めに間引いたりして風を通しましょう。8月下旬、草丈の半分を切り戻しておくと、10月頃再び咲き出します。タネ蒔きの適期は、4~5月、本葉が10枚くらいになったら頂点から1~2節芽先を切っておくと、脇芽が出て、ボリュームのある株ができます。挿し芽も簡単に付きます。

|由来、花言葉、相性の良い植物

庭、アフリカンマリーゴールド

庭、アフリカンマリーゴールド

マリーゴールドは、「聖母マリアの黄金の花」という意味です。これは、聖母マリアの祭日には、いつも咲いていたことに由来します。花言葉は、「信頼」「悲しみ」「嫉妬」「勇者」「絶望」などです。黄色のマリーゴールドは、「健康」、オレンジなら「予言」となります。コンパニオンプランツとして相性の良い植物は、野菜は、トマト、豆類、大根、カリフラワー、キャベツ、キュウリ、ナス、ピーマンなど。草花は、サルビア、ベゴニア、デージー、アイビーなどです。

|まとめ

ハーブとして香りが楽しめますが、この匂いが嫌いな人もいます。育てる場所を考慮しながら、なるべく農薬を少なくと思う方は、マリーゴールドを利用してみて下さい。