お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

馴染み深い秋の花 〜ホウセンカ〜

原産国は、中国南部からマレー半島、インドです。日本には江戸時代に中国から渡来しました。
ホウセンカの仲間の原種は、園芸品種に負けないぐらい世界中に多く分布しています。まだまだ未発見の種が多いと推定されています。身近なのに、謎めいた一面のあるホウセンカをご紹介します。

|花の形は「鳳凰」

ホウセンカ

ホウセンカは中国名「鳳仙花」をそのまま音読みにしたもので、花の形を鳳凰が羽ばたいている姿になぞらえて付けられたと言われています。
開花時期は7〜9月。草丈は50〜80cm。本来の花色は赤ですが、園芸品種が増え、ピンク・薄紫色・白色、赤や紫と白の絞り咲きもあります。さらに園芸品種の大半は椿咲きと呼ばれる八重咲きです。
葉の回りには、ギザギザがあるのが特徴です。

|別名「爪紅(ツマクレナイ/ツマベニ)」

ホウセンカ

花びらから出る赤い汁にミョウバンやカタバミの汁を混ぜ、爪に塗ってマニキュアのように使ったことから「爪紅」と呼ばれたそうです。
昔の人が爪を染めたのは、今のようなおしゃれのためでなく、魔除けや占いのような役割があったと言われています。

|属名「インパチェンス」

インパチェンスとは「我慢できない」という意味、サヤを押さえるとタネが弾け飛ぶ様子から、付いたと言われています。
ホウセンカのタネは、1つの実の中に小さなタネが複数入っています。実が熟して来た頃、指ではじくと筋が割れて内側にクルッと巻きます。その力によってタネがはじき出されます。はじき出す勢いでタネを遠くに飛ばそうとしていると思われます。
花言葉は「私に触れないで」「短気」
(成熟した実に触れただけで、はじけてタネをまき散らすことに由来します)
因みに、未熟な実は弾き飛ぶことが出来ないので、黄色く熟した実が狙い目です。

|まとめ

小さい頃からみんなが親しんできたホウセンカ。小学校の頃は学校で育て夏休みに観察日記を書いた事を思い出します。そして熟した実を見つけては、片っ端から弾き飛ばしていました。完璧に弾き飛んだ時の達成感、ああ〜また弾いてみたい!今度道端で見つけたら、子供の時を思い出し実を弾いてみたいと思います。