お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

8月の花 〜 The name in English〜

お花には国や地域よって色々な名前が付けられています。
その名前には、それぞれに語源や由来があり色々な意味が込められています。
英名に注目して8月の花をご紹介します。この季節に見頃を迎える花、暑さに強く個性豊かな姿を見せてくれます。

|鶏頭【cockscomb(コックスコウム)】

8月

出典:https://www.photolibrary.jp/img134/40725_587642.html

開花時期は7〜11月。ニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれ、英名でも「cockscomb=鶏のとさか」。どの国の人が見ても「鶏のとさか」に見える花姿が特徴です。花房の先端が平たく帯状や扇状に大きく広がり、よく目立ちます。
花言葉:「おしゃれ」「気取り」「風変わり」

|ツユクサ【Dayflower(デイフラワー)】

8月

出典:https://www.photolibrary.jp/img81/21241_250919.html

開花時期は6〜10月いっぱい。 和名は「露を帯びた草=ツユクサ」です。朝顔と同じで、早朝に咲いた花が午後にはしぼんでしまう一日です。英名の「Dayflower」はこれに由来しています。
花びらは3枚で、2枚は青で大きく、残り1枚は白で小さいのが特徴です。
花言葉:「なつかしい関係」

|オシロイバナ【「Four o’clock(フォーオークロック)」】

8月

出典:https://www.photolibrary.jp/img28/5122_65831.html

開花時期は6〜10月。花はろうと形、花径は3cmくらい、筒の部分は細長く5cmくらいあります。
和名の「オシロイバナ」は、黒い種子を割ると白い粉質のもの(胚乳にあたる部分)があり、それがおしろいの粉のように見えることから。
英名の「Four o’clock(フォーオークロック)」は、花が夕方4時ごろから開き、翌日の午前中にはしぼんでしまうことに由来しています。
オシロイバナは、夏の間ほとんど途切れることなく次々と咲き続けるので長く楽しめます。夜間に観賞できるような場所に植えると白く浮き上がり、さわやかな香りも漂います。
一本の枝から異なった色の花を咲かせることから「ペルーの不思議(Marvel of Peru)」とも呼ばれています。
花言葉:「臆病」「内気」「恋を疑う」

|まとめ

調べてみると、花の形や生態などから名付けられている事が分かります。うなずける名前や意外な名前もあり、名付けた人のユーモアも感じられます。日本で浸透している英語も初めて聞く英語も、気分やスチュエーションによって使い分けると面白いですね。
昔から馴染みがあり身近にある夏の花たちは、昼は強さを、夜には涼を感じさせてくれます。