お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

線香花火

夏真っ盛り!
コンビニやスーパーの店頭には早々に花火が並び始めます。毎年「買って〜」とせがまれますが、最近は花火を禁止している公園が多く、花火ができる場所を探すのにひと苦労します。花火の中でも音もなくあっという間に終わってしまう儚い線香花火ですが、点火から火花が落ちるまでの短いながらも美しい表情に、こんなステキな名前がついているんです。

|① 牡丹

線香花火

出典:http://www.hanabistore.com/senkou.htm

線香花火に火を点けた時もの最初の姿です。
大きな火の玉が出来ます。この大きな玉全体を牡丹に見立て、小さく細かい火花を牡丹の花びらに例えています。

|② 松葉

線香花火

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/238286?title=線香花火

点火後、線香花火が一番盛り上がり、豪華な姿を見せる時です。
大きく広く飛び散る火花を、松の葉に例えています。
この時がずーっと続くと良いのに・・・と思います。

|③ 柳

線香花火

出典:http://www.hanabistore.com/senkou.htm

勢いがなくなり、下に向かってしなだれます。
風に揺らぐ、まさに柳です。
ここで、揺らして玉が落ちないようにするのがポイント。手を固定させ、線香花火の先がフラフラしないように・・・ほとんどがこの段階で「ポトッ」と落ちてしまいます。

|④ ちり菊

線香花火

出典:http://www.hanabistore.com/senkou.htm

最後に見せる美しい菊のような姿です。
繊細な火花は、咲いては散っていく菊をイメージしています。
まさに最後の力を振り絞る姿は、切ないくらい美しいものです。

|まとめ

線香花火には「すぼて」と「長手」があり、「すぼて」は手にもつ部分がワラで出来ていて、斜め上に向けて使用します(西日本で多く使用されます)。「長手」は全体が紙で出来ていて、下に向け使用します。こより状で一般的に線香花火と言うと「長手」をさす事が多いようです。夏の夜空を彩る花火、大きいのも小さいのも皆違って素敵です。