お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

6月の花 〜 The name in English〜

お花には国や地域よって色々な名前が付けられています。
その名前には、それぞれに語源や由来があり色々な意味が込められています。
英名に注目して6月の花をご紹介します。この季節に見頃を迎える花、英語で言うとこうなります。

|胡蝶蘭【Moth Orchid(モスオーキッド)】

6月の花

出典:http://www.photolibrary.jp/img225/146959_1641245.html

お祝いには欠かせない胡蝶蘭。
開花時期は春〜秋(お花屋さんでは、常に咲いています)。
英名の「モスオーキッド」は、モス=蛾、花が蛾に似ていることから名付けられています。
和名の胡蝶蘭は、花を蝶に見立てて付けられています。また「胡蝶」には「蝶を題材にした舞」という意味もあります。
花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」です。

|フクシア【Lady’s-eardrop(レディース・イアドロップ)】

6月の花

出典:http://www.photolibrary.jp/img31/2310_77655.html

開花時期は春〜秋にかけて。
あまり馴染みが無い花のようですが、園芸用に品種改良が進み、2000種類以上の品種があります。
英名「レディス・イアードロップ」は、花姿が女性のイヤリング、貴婦人のイヤリングに似ているから。
和名は、釣のウキに似ていることから「ツリウキソウ(釣浮草)」、また蕾がヒョウタンに似ていることから「ヒョウタンソウ(瓢箪草)」と呼ばれています。
花言葉は「信じた愛」「激しい心」「センスが良い」「おしゃれ」です。

|スズラン【Lily of the valley(リリー・オブ・ザ・バレー)】

6月の花

出典:http://www.photolibrary.jp/img386/281195_3653801.html

開花時期は4月中旬〜6月中旬。
鈴のような可愛らしい白い花は有名です。
英名「リリー・オブ・ザ・バレー」は、谷間の百合、または谷間の姫百合と呼ばれています。群生する場所に由来しています。またヨーロッパでは聖母マリアの花とされ「聖母の涙」と呼ばれています。
和名「君影草」は、葉の陰に隠れてひっそりと花を咲かせる姿が男性の影に寄り添う古き日本女性のイメージと重なったことから。別の説では、頭を下げて愛しい人を待ち続ける姿を連想させるとも言われています。
花言葉は「再び幸せが訪れる」「純粋」「純潔」「謙遜」です。

|まとめ

調べてみると、花の形や生態などから名付けられている事が分かります。うなずける名前や意外な名前もあり、名付けた人のユーモアも感じられます。日本で浸透している英語も初めて聞く英語も、気分やスチュエーションによって使い分けると面白いですね。
華やかな場所が似合う花、自然の中でヒッソリと咲く花、どの花も思いが込められた素敵な名前が付けられています。