お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

金魚みたいなお花です

「金魚草」と「姫金魚草」。花姿が金魚の似ていることから名付けられました。開花時期は5月から初夏にかけて。花壇用や切り花としても多く流通しています。花色がとても豊富で、主張せず控えめな花、開花時期も品種によって異なることから、いろいろな季節に花壇や鉢に植えて楽しむことができます。これからガーデニングを楽しむ方にオススメです。

|金魚草(きんぎょそう)

金魚

出典:http://www.photolibrary.jp/img96/24315_356667.html

本来の開花時期は5月ですが、品種改良によって、ほぼ1年中咲かせることが出来ます。花色は、白・黄・桃・橙・赤など。名前の通り、金魚のようなふっくらとした花形が特徴です。草丈は20〜60cm。品種によっては1mまで生長します。背が高いので花壇の後方に配置しても目立ちます。強風に弱いので、大きくなったら支柱で補強たようが良いようです。英名では竜に見立てて「スナップドラゴン」と呼ばれています。
※花言葉:「おしゃべり」「でしゃばり」「おせっかい」「推測ではやはりNO」

 

|姫金魚草(ヒメキンギョソウ)/リナリア

金魚

出典:http://www.photolibrary.jp/img326/134689_2942086.html

開花時期は5〜7月。キンギョソウを小さくしたような花姿なので、ヒメキンギョソウの名前でも親しまれています。花色は赤・ピンク・紫・白・黄色など。草丈は 15〜40cm程度。上向きの花びら(上唇弁)が縦に大きく2つに裂け、金魚よりネズミの耳のように可愛らしく見えます。
和名は「紫海蘭(ムラサキウンラン)」といいます。
※花言葉:「この恋に気がついて」「乱れる乙女心」「幻想」

|枯れると怖い・・

金魚

出典:http://greensnap.jp/search/tags?id=5732

金魚草は、花が枯れるとタネができます。サヤが弾けてタネを飛ばすのですが、残ったサヤがガイコツに似ていると話題になっています。昔は、金魚草を庭に植えると詐欺や呪い、魔術から守ってくれたり、女性にとっては若さや美しさの象徴と考えられ、古代の文明でも、金魚草には霊的な力があるとされていたそうです。

|まとめ

花持ちもよいので、育てた花を切り花に利用したりちょっとした贈り物にもオススメです。
花が終わったあとタネを摂るのも簡単なので、秋にタネを撒いて来春にまた花を楽しむことが出来ます。