お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

この時期の三名園(三庭園) 〜2月〜

世界に誇る「日本三名園」。明治時代に発行された外国人向けパンフレットで、岡山後楽園・水戸偕楽園・金沢兼六園を「日本の三名園」と紹介されたのが始まりだそうです。この三名園は、中国の唐の時代に白居易(白楽天)という著名な詩人の誌の中に、自然の美しい景色を指す「雪月花」という言葉があります。この雪月花に基づいて「雪の兼六園」「月の後楽園」「花の偕楽園」と表現されました。
2月の歴史ある有名なお庭、見どころが満載です。

|岡山後楽園

日本三名園

出典:http://www.okayama-korakuen.jp/R0017138.JPG

岡山後楽園は、今から約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政(いけだつなまさ)が藩主のやすらぎの場として作らせた庭園です。14年の歳月をかけ1700年(元禄13年)に完成しました。
約20種100本が並ぶ園内東側の梅林(約1500平方メートル)が有名です。開花時期は1月から3月。比較的早咲きの品種が揃っています。この時期は、カンツバキやヤブツバキ、ニホンスイセンも観賞できます。

|水戸偕楽園

日本三名園

出典:http://www.photolibrary.jp/img388/87701_3679685.html

水戸偕楽園は、1842年(天保13年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。園内に約100品種3000本の梅が植えられ、水戸の梅まつり(2月中旬~3月末)が開催されます。

|金沢兼六園

三名園

出典:http://www.photolibrary.jp/img275/204955_2289835.html

金沢兼六園は、江戸時代、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきました。金沢兼六園といえば、雪釣りです。金沢城公園と兼六園で期間限定のライトアップを行います。雪吊りがライトアップされ幻想的な空間が楽しめます。

|回遊式庭園

日本三名園

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/151960?title=桂離宮

庭の中を順路を定めて歩きながら観賞する方法です。一般的な形式は「池泉回遊式庭園」と呼ばれるもので池を中心に築山、小島、橋、白砂、遺水、滝など伝統的な日本庭園の要素を持ち、また建物そのものも庭園の要素として取り込んでいます。代表的な庭は「桂離宮」です。

|まとめ

共通する点もいくつかあります。
まず、3庭園とも大名が所有する庭園だったということ。水戸偕楽園は水戸徳川家、金沢兼六園は前田家、岡山後楽園は池田家です。そして、回遊式庭園という形式を用いた庭であること。
しかし日本三大庭園は場所も規模も異なります。それぞれの特徴を楽しんでみてはいかがでしょう。