お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

1月の花 〜 The name in English〜

お花には国や地域よって色々な名前が付けられています。
その名前には、それぞれに語源や由来があり色々な意味が込められています。
英名に注目して1月の花をご紹介します。この季節日本でもお馴染みのお花、英語で言うとこうなります。

|水仙【narcissus(ナルシサス/ナーシサス)】

1月の花英語

出典:http://www.photolibrary.jp/img378/274647_3544783.html

開花時期は11〜4月。草丈は20〜40cm位で昔から日本に自生しています。年末から切り花として多く出回り、お正月の花としても人気があります。
学名・英名の「ナルシサス」はギリシャ神話に出てくる美少年の名前です。その少年は、泉に映った自分の姿に恋をし毎日見つめ続け1本の水仙になってしまいます。水仙は、その少年の名前から「ナルシサス」と付けられたそうです。じつは ”ナルシスト” もここからきています。
花言葉は「うぬぼれ」「自己愛」。花言葉もギリシャ神話から。
因みに、ラッパズイセンの英名は「 daffodil(ダフォディル)」です。

|サザンカ【sasanqua(ササンカ/ササンクァ)】

1月の花英語

出典:http://www.photolibrary.jp/img265/40725_2142799.html

開花時期は10〜2月。江戸時代から庭木として利用されてきました。今では300もの園芸品種があります。
長崎の出島の医師ツンベルグ氏が、江戸時代にサザンカをヨーロッパへ持ち帰ったことから、西欧に広まったとされています。その為、そのまま和名が使われたようです。
花言葉は「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」です。

|カネのなる木【dollar plant(ダラープラント)】

1月の花英語

出典:http://www.photolibrary.jp/img243/87844_1836622.html

開花時期は12〜4月。和名の「金のなる木」は、生長の途中の葉に5円や50円を入れると外れなくなり、その姿が ”まるでお金が成っているよう” に見えることから付けられました。英名「dollar plant」は葉の形がお金に似ていることからと言われています。「Money tree(マネーツリー)」とも呼ばれています。
花言葉は「一攫千金」「富」「幸運を招く」「不老長寿」です。

|まとめ

調べてみると、花の形や生態などから名付けられている事が分かります。うなずける名前や意外な名前もあり、名付けた人のユーモアも感じられます。日本で浸透している英語も初めて聞く英語も、気分やスチュエーションによって使い分けると面白いですね。プレゼントとしても喜ばれることでしょう。