お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

3シーズンOK 華やかな彩りパンジー

秋になるとフラワーショップの店頭に並ぶパンジー。小さく可愛らしいけれど色合いが華やかで、手軽に長い期間楽しめる花としておなじみですね。園芸初心者でもまず失敗がない、育てやすく丈夫な花なのです。

|スミレの品種改良から生まれる

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/17492?title=パンジー

パンジーは元々ヨーロッパにおけるスミレを交配してできたものです。別名サンシキスミレとも呼ばれます。秋に種をまき花を咲かせると、翌年の春まで花が続きます。毎年のように新しい品種が登場し、色や形もバラエティーに富んおり、秋冬の彩りには欠かせない花の一つです。

|花の大きさでビオラと区別

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/55248?title=ビオラ5

パンジーと並んでビオラも園芸店にはよくありますが、両者の違いはかなり曖昧です。実は同じものなのですが、品種改良を重ねていった結果、花の大きさで分けているようです。花の大きさが5㎝以上のものをパンジー、5㎝以下のものをビオラと園芸上は分類しています。

|雪が降っても大丈夫

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/181047?title=春花の寄せ植え

高温多湿が苦手なため、6月頃には花が終わってしまいますが、寒さに強いところがパンジーのいいところ。寒冷地の冬、たとえ雪の下になっても、春になれば息を吹き返し、元気な花を咲かせてくれます。チューリップなどの球根類と植えれば、春の庭は一気に華やぐことでしょう。

|まとめ

手に入れやすい価格も魅力の一つのパンジーとビオラ。園芸初心者の初めの一歩としてぴったりです。小さな鉢にこんもりと、ほかの植物との寄せ植えで色鮮やかに、秋から春へと楽しめるパンジーとビオラを植えてみませんか。