お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

今が植え時 秋植え球根

野山も秋の装いとなってきました。庭の花々も秋の深まりを感じさせますね。この季節は秋の庭を楽しむと同時に、来春のガーデンプランをじっくりと練る時期でもあります。春の庭を彩る秋植えの球根の花々は、植付けのシーズンです。

|種類豊富な花々から何を選ぶ?

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/16338?title=チューリップのある花壇

秋植えの球根を植えるには、これからがベストな時期です。早い時期に植えると、残暑の影響もあり球根が腐ってしまうことがあります。秋風の冷たさが感じられ、地表の温度が下がる今がいいタイミング。チューリップやスイセン、クロッカス、ムスカリなど、開花時期、草丈、色などの組み合わせを考えながら、球根選びをしてみましょう。

|球根選びは重さと傷を確認

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/195933?title=手に載せた球根1

球根は、傷がなく重くてずっしりとしたものを選ぶようにしましょう。秋に植えてしまえば、土が乾いた時に水をあげる程度で、春には花を咲かせてくれるので、これといったお手入れはありません。球根だけを植えても、花がなく庭や鉢が寂しいという場合は、パンジーやビオラなどと一緒に。秋冬も花を楽しみながら、春の開花を待つことができます。

|翌年も楽しむためのポイント

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/170152?title=クロッカス

花後は花がらを摘み、葉はそのままにすることがポイント。球根に栄養を貯めるため、葉が枯れないうちは水やりも忘れずに行って下さい。スイセンやクロッカスなど、そのまま植えっぱなしで来年も楽しめる花もありますが、春の代表のチューリップは高温多湿が苦手です。地域の気候にもよりますが、球根は1年限りと割り切る方が良い場合もあります。

|まとめ

色鮮やかな春の花々を思い描きながらの庭仕事も、秋の醍醐味です。寒さは日ごとに増してきますが、暖かな日差しのもとで咲き誇る球根の花々を、自分好みにセレクトしてみませんか。