お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

薬用にもお料理にも使えるお花カレンデュラ

ヨ-ロッパでは古代のロ-マ時代からスキンケアや薬用としてハ-ブティ-に使われたり、お料理などに幅広く、カレンデュラの葉や花弁が使用されてきました。また市販のスキンケアグッズにカレンデュラを使用しているものも多くあり人気を集めています。また多年草で寄せ植えにしたり花壇への直植えにも最適です。

|最も多い色合いのオレンジ色

最も多い色合いのオレンジ色

和名ではキンセンカと言います。カレンデュラは別名を「ポット・マリ-ゴ-ルド」とも言います。観賞用の花で一般家庭のお庭でも手間をかけずに簡単に咲きます。花期も長くて育てやすいお花なので初心者の方にもおすすめです。日当たりが良くて風通しの良い場所を好みます。あまり密集して植えこんでしまうと日当たりが悪くなり花の付きが良くなく、うどん粉病になってしまいますので注意しましょう。1月20日・2月8日・2月9日・3月26日・8月3日・8月24日の誕生花です。

|ヨ-ロッパでは食用花としても使われています

カレンデュラ

カレンデュラは、花びらも葉も食べたり飲んだり、スキンケアにも使われています。花弁は摘み立ての生の花びらでも、乾燥させたものでも効果は変わりません。何となく甘みが感じられる花びらはサラダにそのまま使えます。スープに散らしたり、パウンドケ-キに入れて焼き込んで綺麗な色を付けたり、クッキ-の上に花びらをのせて卵白を塗ってから焼くと綺麗で可愛らしいお花のクッキ-が焼き上がります。葉は乾燥させると少し苦みが出ますので生の方がおすすめです。花びらや葉を使ったハ-ブティ-には消化不良などの症状を緩和してくれる働きがあります。欧米では色々なスキンケアグッズが市販されていますが、軟膏は軽い火傷やニキビの炎症を抑えて傷を治す作用があり皮膚トラブルに重宝されています。黄色いカレンデュラは1月12日と1月13日の誕生花です。

|通常のマリ-ゴ-ルドとは別ものです

通常のマリ-ゴ-ルドとは別ものです

カレンデュラはオレンジ・黄色など単色のものや写真の様に花びらの外側の色が違う物など色々な種類があります。通常のマリ-ゴ-ルドは、どちらもキク科ですが別のもので根から土中の線虫類を除去してくれる成分が分泌され野菜や他の植物と一緒に植えるのに優れています。カレンデュラは殺菌作用もあるため洗顔後のロ-ションなどにおすすめです。生の花びら大さじ2杯をカップや茶わんに入れて100㏄の熱湯を注いでかき混ぜたら、蓋をして冷めるまで置いておきます。覚めてから茶こしで濾した液体の中に小さじ1杯程度のハチミツを混ぜてよく溶かした液体を作ると無添加の自然な化粧水が出来上がります。肌に馴染ませて少し経ってから水で流して下さい。肌や頭皮のトラブルが回避され調子を整えてくれるとして家庭で手作りされています。綺麗な小瓶などに入れて冷蔵庫へ入れて置けば3日ぐらい使用出来ます。妊婦さんはご使用なさいません様にお願いします。

|まとめ

「別れの悲しみ」「悲嘆」「失望」など、あまり良い意味の花言葉ではありませんが、花の持つ力は偉大です。中世の時代に於いては弱った視力を回復させてくれる「視力強化」の効果もあると言われていたほど元気で鮮やかな色のお花です。大量に咲く時期には花びらを捥いでから布やキッチンタオルの上で広げて室内に置いておけば乾燥しますので、きっちり乾燥してからジップロックなどに入れて冷蔵庫へ入れて置けば長く使えます。