お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

秋の高原を満喫しよう

秋のさわやかな風を感じながら高原散歩などはいかがでしょうか。本格的な紅葉シーズンに入る前の初秋の花たちがみなさんを迎えてくれます。代表的な秋の高原の花々をご紹介します。

|マツムシソウ

DSC01800

山梨県 飯盛山にて9月2日撮影

秋の高原の花の代表格の中で最も美しいのはこのマツムシソウでしょう。最盛期は8月下旬から9月上旬ですが、夏の喧噪から解き放たれた静かな高原の風にゆれている姿はなんともいえません。
この仲間は花も美しく園芸植物として店頭にも並びますが、属名の「スカビオサ」という名で呼ばれ、販売されることが多いようです。

 

|リンドウ

りんどう

出典:http://tokira.blog33.fc2.com/blog-entry-2210.html

切り花でもよく見かける花ですが、形や色は場所によって多少の変化が見られます。日を受けると花が開き、夜や雨の日は閉じています。りんどうより高いところにある種類をオヤマノリンドウと言い、こちらは日が当たっても完全に花が開かないのが特徴です。

|ワレモコウ

ワレモコウ

山梨県 飯盛山にて9月2日撮影

ワインレッドの色合いが秋の風情をかもし出すので切り花としてよく使われますが、日当りのよい草原に自生しています。一風変わった花の形ですが、バラ科の植物です。一つの花のように見えますが、実は小さい花がたくさん集まったものです。

|ススキ

ススキ

山梨県 飯盛山にて9月2日撮影

お月見にススキは切っても切れない関係にあり、だれもがよく知っているものですが、最近市街地ではあまり見られなくなりました。箱根の仙石原がススキの名所として有名で、銀色に輝く穂は一見の価値があります。しかし、銀白色になったものはじつは実の状態で、花のときは写真のように褐色の状態なのです。「尾花」といって秋の七草の一つに数えられています。

まとめ

山に登るのはちょっとと思われている方でも、高原ならば気持ちよく歩けるのではないでしょうか。初秋の今の時期、青空のもと夏を名残惜しむように咲く花々を見ながらゆっくりと歩くのは心の休養にもなります。実は、夏を過ぎても可憐な花が思っているよりも咲いていることに驚かれることと思います。花が咲き乱れる夏と色鮮やかな紅葉の季節との狭間にある今の時期、実は秋の花を見るのに絶好な季節なのです。