お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

コリウスで色彩豊かなリーフガーデンに

夏の庭を彩る植物コリウス。花に見劣りすることのない鮮やかな葉っぱが特徴です。暑さに負けず丈夫な性質と、どんな植え方やアレンジにも対応してくれるのが嬉しいところ。豊かな色彩が目を引きつける庭になること間違いなしです。

|夏の暑さにも負けず秋までOK

出典:http://www.ashinari.com/2009/10/26-029847.php

コリウスの原産地は東南アジアで、現在は100種類以上存在すると言われています。日本名は「金襴紫蘇」「錦紫蘇」というのは、その名の通り葉の様子が、シソによく似ているからでしょう。夏の日差しに葉焼けを起こすこともありますが、暑さにも負けず、5月頃から10月頃まで楽しむことができます。

|丈夫でバリエーション豊富な栄養系

出典:http://www.jsjardin.co.jp/products/coleus/coleus_container.html

コリウスは「栄養系」「実生系」の2種類に大別されます。「実生系」は種で増え「栄養系」は挿し木で増える特徴を持っています。丈夫で扱いやすいのが「栄養系」で、色や形のバリエーションに富み、暖かい室内で管理すれば冬越しも可能です。

|多様なアレンジで使い方は自分次第

出典:http://www.protoleaf.com/gardening/coleus/coleus-arrange4.htm

花壇植え、コンテナやハンギング、他の植物との寄せ植えなど、どんな使い方でもOKです。様々なカラーでコリウス同士の色合わせも良し、他の花々との組み合わせも楽しむことができるでしょう。比較的成長が早い植物なので、こまめにカットすると脇芽が育ち、こんもりと茂らせたり、思い通りの形に仕立てることも可能です。

|まとめ

夏と言えば、涼しげなブルー系やホワイト系の庭もいいものですが、コリウスのような赤や黄色、緑色など濃い色で彩るのも魅力的です。元気なカラーで夏の暑さに負けない庭を、秋は深まる葉色で落ち着いたリーフガーデンはいかがでしょうか。。