お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

庭木や街路樹に 〜ムクゲ〜

「ムクゲ」は、ハイビスカスの仲間で、6月〜10月に開花します。乾燥に強く、荒れた土地でも良く育つので、庭木や街路樹に多く用いられています。早朝に花が開き、夕方にはしぼんでしまう一日花。しかし、新しい花が次々と咲き続けますので、長期間花を楽しむことができます。

|花の特徴

ムクゲ

出典:http://www.photolibrary.jp/img210/92543_1450100.html

花色は、白・ピンクで、中心が紅色の花が一般的ですが、その他にも赤や紫など、多くのカラーバリエーションがあります。花径は5〜10cmになり5弁花です。中心に大きな雌しべと、それに付着した雄しべが多数あるのが特徴です。江戸時代に多くの品種が開発され、基本は一重ですが、半八重や八重の品種もあります。

|葉の特徴

ムクゲ

出典:http://www.hana300.com/mukuge1.html

長さ5~12cmの卵形です。先端にギザギザがあります。厚みが薄く、冬に落葉します。病気に強いのが特徴です。

|薬用になります

ムクゲ

出典:http://www.hana300.com/mukuge1.html

少し開きかけた蕾・茎・幹・未熟な果実・根の樹皮をはいだもの等を乾燥させたものは漢方薬として、水虫やたむしの薬として用いられます。下痢・解熱・利尿・解毒・かゆみ止めにも効き目があるとされています。

|ムクゲ自然公園

ムクゲ

出典:http://www.mukuge.com/hana/index.htm

埼玉県秩父に「ムクゲ自然公園」があります。公園内に植えられた10万本ものムクゲの木は、色とりどりの花で山の斜面を覆い、本数の多さは世界一を誇ると言われています。

|まとめ

日本には朝鮮半島経由で、ずいぶん古い時代に渡来したと言われています。「ムクゲ」の名前の由来は、中国名の「木槿」(もくきん)を、そのまま音読みにしたという説、または韓国名の「無窮花」(ムグンファ)が変化したものという説があります。夏の炎天下の中でも花を咲かせ、冬の寒さにもめげない気丈なムクゲ、北海道南部~沖縄までほぼ日本全国で植栽されています。ちょっと視線を上げると、案外身近な場所で、ムクゲの花に出会えるかもしれません。
※花言葉:「信念」