お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春〜初夏の花【スターチス】

世界中に150種以上が分布します。園芸用では紫・赤・ピンク・青・黄色といろいろな色の品種が出荷されています。和名は「ハナハマサジ」。園芸店では「三角」と呼ばれる事もあります。主な開花時期は、4〜8月です。

|ベルディフォリウム

スターチス

出典:http://www.hana300.com/sutach1.html

ヨーロッパ・コーカサス・シベリアなどに分布する多年草。花茎は細かく枝分かれして繊細で、花色は淡い紫紅色で萼は白色です。スターチス・カスピアとも呼ばれ、切り花やドライフラワーとして多く用いられています。この種類が一番出回っています。

|ボンデュエレイ

スターチス

出典:http://www.photolibrary.jp/img49/10611_150878.html

アルジェリアに分布する多年草。花びら、萼ともに黄色です。全体的にきゃしゃで、小穂には1〜2花付けます。鮮やかで明るい感じです。

|ラティフォリウム(宿根リモニウム)

スターチス

出典:http://happamisaki.jp-o.net/flower/s/s_limonium.htm

ルーマニア、ブルガリアなどに分布する多年草。花びらは青で萼は白色になります。主な開花時期は6〜9月頃で、他のスターチスより遅い時期に楽しめます。日本には明治の中頃に入ってきたとされます。小枝に0.5cmぐらいの小花を沢山つけ、霞のように花を咲かせます。スターチスは暑さに弱い種類が多いのですが、宿根リモニウムは暑さに強いので夏を越す事ができます。

|スウォロウィー(ロシアンスターチス)

スターチス

出典:http://hamakazuchan.la.coocan.jp/flowers/May-russian-statice-12-1.jpg

花茎が枝分かれしてピンク色の小花が、らせん状に咲きます。主な開花時期は、4〜8月。日本には大正の終わり頃に入ってきたと言われています。ロシアンスターチスの原産は西部トルキスタン。ロシア原産ではないですが、トルキスタンが昔ソ連領だった為か、この名前で呼ばれています。花色は桃色。花穂が枝別れして、数本の長い花穂が出てボリュームがあります。水揚げがよいので、切花にも利用できます。

|まとめ

花名の「スターチス」、ギリシア語の「statizo(止める)」を語源としています。スターチスが薬草として、下痢止めに用いられてきたことに由来するといわれています。なお、スターチスはイソマツ属になりますが「スターチス」という名称はイソマツ属の旧属名。そのため、現在では属名の呼称変更により「リモニウム」と呼ばれるようになっています。
※スターチス全般の花言葉:「変わらぬ心」「途絶えぬ記憶」