お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

蜜が美味しい花

子供の頃、良く花を摘んで蜜を吸って遊びました。「花の蜜」と言ってもハチミツのような感じでは無く、あまい砂糖水のようなものでした。そんな花を見ると、とても懐かしくなります。蜜を吸って遊んだ花をご紹介します。

|サルビア

蜜

出典:http://www.ashinari.com/2013/09/25-382413.php

草丈は30~50cm、花径は 約1cm、花色は赤(品種によって白・紫などもあります)。観賞用として花壇などに植えられます。夏〜秋に開花します。花の先の細長い部分を取って、蜜を吸います。子供の頃にサルビアの蜜を吸った経験のある方〜結構多いと思います。しかし蜜には、わずかながら毒が含まれていますので、沢山吸うと気分が悪くなることもあるようです。
※花言葉:「尊敬」「知恵」「良い家庭」「家族愛」

|ツツジ

蜜

出典:http://www.ashinari.com/2009/04/26-017585.php

4〜5月の春先にかけて公園や道端を彩ります。漏斗型の特徴的な形の花(先端が五裂している)を数個まとめて枝先につけます。花名「ツツジ」は、花が筒状になっていること、花が次々に連なり咲く様子の「続き」が語源になっていると言われています。花を上手に採ると花片の下から蜜を吸うことが出来ます。しかし、ツツジ科の花の蜜には致死性の毒をもつ種類があるので注意が必要です(レンゲツツジなど)。
※花言葉:「節度」「慎み」

|オシロイバナ

蜜

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/103692?/main/detail/103692=&title=オシロイバナ02

日本全国の道端・空き地・河川敷などで良く見られる草花です。観葉植物的な外観や、かわいい花が好まれ愛好者も多いようです。花色は、赤・ピンク・黄・白・絞り模様などバリエーションも豊富です。7〜10月に開花します。花の奥には蜜があります。オシロイバナの花は、開花時間が遅い「夜行性」で、午後3時過ぎにようやく咲き始め、夜の間ずっと咲き続けています。そして翌朝になるとしぼみ始めます。この夜型開花の習性から「夕化粧」とも呼ばれています。
※花言葉:「あなたを想う」「内気」「臆病」「信じられない恋」「疑いの恋」

|ホトケノザ

蜜

出典:http://www.photolibrary.jp/img154/71267_787636.html

成長した際の高さは10〜30cm。3〜6月に開花します。上部の葉脇に長さ2cmほどの紫で唇形状の花をつけます。花びらを抜き取り、蜜を吸います。
※花言葉:「調和」

|まとめ

蜜の好みは「サルビア派」と「ツツジ派」に分かれているようです。当時は、片っ端から花を取っては蜜を吸っていました。しかし本来、花の蜜は虫達のもの。花の蜜を吸う蜂や蝶は、花を傷つけないように花から蜜をもらいます。私達もいたずらに花の蜜を吸うのではなく、おこぼれをもらう程度に、遠慮しながら蜜をもらいましょう。