お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

スイレン【睡蓮】

スイレンは、水草の仲間の浮葉を持つグループの総称です。
水位が安定している池などに生育し、地下茎から長い茎を伸ばし水面に葉や花を浮かべています。葉は深い切れ込みのある円形で、花は水面上に直径10cmくらいの花を咲かせ、夏の涼感を演出してくれます。スイレンの種類をご紹介します。

|温帯スイレン

スイレン

出典:http://www.ashinari.com/2013/07/15-380243.php?category=305

耐寒性があり、日本などの温帯性の地域に自生しています。春になると、活発に活動し始め、春の終わりから秋の始め頃までの長い間花を咲かせます。花色は、主に赤・黄・ピンク・白の4種類です。鉢で育てる事ができ、丈夫で花の時期が長いので、始めての方にもオススメです。

|熱帯スイレン

スイレン

出典:http://www.photolibrary.jp/img215/100144_1515678.html

熱帯スイレンは花茎を水面より上に伸ばして大きな花を咲かせます。花色は温帯スイレンにはない青や紫色があり、多彩で、エキゾチックな雰囲気があります。花は朝開いて夕方まで咲き続けます。また、夜に咲く種類もあります。開花期間も長く、7月〜10月まで続きます。

|ヒメスイレン

スイレン

出典:http://www.photolibrary.jp/img128/3798_550374.html

ヒメスイレンは日本自生のヒツジソウと呼ばれるものを改良したもので、寒さにも強く、育てやすいスイレンです。温帯スイレンの小型系の品種を言います。直径、高さ20〜30cm程度の水のもれない器で育てることが出来ます。家の中でも特に日当たりの良い場所に置き、根元にまで十分に日が当たるようにします。ヒメスイレンは開花してから1~2日で枯れてしまいます。

|石神井公園で見られます

スイレン

出典:https://www.tokyo-park.or.jp/special/migoro/summer.html

石神井公園は、三宝寺池とそこからの流れを堰き止めてつくった石神井池を中心とする武蔵野の面影を宿す公園です。三宝寺池周辺は徳川幕府三代将軍家光が鷹狩りに訪れるなど、江戸時代から親しまれ『江戸名所図会』にも登場しています。スイレンは三宝寺池の一部を覆うように広がり、この池の浮島の沼沢植物群落は、国の天然記念物に指定されています。

|まとめ

フランスの画家クロード・モネが愛したスイレンです。丸い葉とやさしい色合いの花が水面に浮かびます。漢字で書くと「睡蓮」。スイレンの花は、開いて閉じてを3回繰り返します。これを人間のサイクルに例えて、日中(開く=目覚める)夜(閉じる=眠る)というところから「睡眠する蓮」→「睡蓮」と名付けられたようです。日本原産のスイレンの仲間に「ヒツジグサ(未草)」があり、未の刻(午後2時頃)花を咲かせることから名前が付いたとされています。実際は、明るくなると花が開き、暗くなると閉じます。