お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

春を代表するスター選手 「サクラ(バラ科)」

サクラの花を観ながら琴の音色を聴くことを心地よく感じるのは、日本人特有の美意識の表れでと感じるが、入学式や卒業式の定番となったサクラはつい最近のことである。

|原産地は意外にも日本ではない

原産地は、ヒマラヤ近郊。ヒマラヤから中国を経て、日本へ渡来した種もあれば、自生種もあるようだ。日本を代表する春の花。今は世界中(特に北半球)に分布している。挿し木で容易に増やせる特性が影響したか。挿し木は遺伝的に同じクローンになる。

|品種は山ほどある

サクラは、実は突然変異が起こりやすい植物であるため、花色、花弁数など多種多様である。春の訪れを表す開花予想は、ソメイヨシノを対象にサクラ前線という言葉も生まれた。日照時間が長くなると花芽を形成する長日植物であるサクラは、積算温度で開花予測ができるため。

|謎の多い染井吉野

ソメイヨシノは雑種であり、明治時代に爆発的に国内に広まった事実は確認できるが、誰が仕掛け人なのかは不明。吉野のヤマザクラと区別し染井吉野と命名する。

|まとめ

それにしても、サクラをタイトルとする歌謡曲のなんとも多いことか。その影響もあってか海外でも日本語のサクラと呼ぶ国が増えているとか。見事な花の散り姿を美化する思想は、日本的ではあるが、この思想まで海外の人に受け継がれているかは謎。