お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!当日でも最善を尽くしてお届け致します!電話番号:049-268-5670営業時間:9:30縲鰀18:00

お祝いの花を注文

X^hԔzBTCg@JXj.com@zB”\I@SI@JƁEJXERT[gEECuEWEp[eB[ȂǂɁAjԁEX^hԂ𑡂Ă݂܂񂩁H

お花に関するまとめコラム

決して派手ではないが存在感を示す花々

役者でもTVでは脇役で目立たないが、はまり役や舞台等で輝く人たちがいる。ここでは、そういった存在感をある時期一挙に開花させる花々を紹介する。

|キーワードは「黒っぽい」

出典:http://www.hana300.com/sidaya1.html

ここで紹介するシダレヤナギもハナモクレンも花を咲かせる前は、落葉しており、木肌も黒っぽいため普段は目立たない。但し、シダレヤナギは開花後の新葉。ハナモクレンは大輪の花を咲かすと一挙にその存在感を示す。

|シダレヤナギ(ヤナギ科)

出典:http://www.hana300.com/sidaya1.html

原産地は中国。奈良時代に日本に持ち込まれ、時代劇には必須アイテムとなっている。サクラとともに都市緑化植物として国内に数多く植えられる。残念なのは、国内は雄木が多く実はつけない。花は馴染みがないかもしれないが、尾状の花形で黄色がかった花色である。

|ハナモクレン(モクレン科)

出典:http://www.hana300.com/hakumo3.html

原産は、中国西南部。ハスの花に似ているため木蓮ともいわれる。花色は、濃い紅色から桃色、白色まで。著者は、数ある花のなかでもモクレンの香りが一番の好みである。近年では香水として売られているよう。中国では大蘭(蘭の香りにもまさる)として扱われるとか。

|まとめ

夏のヒマワリや秋のコスモスも存在感ある花たちだが、やはり、薄暗い寒い冬から白や黄や緑を発する花の存在感は格別であり、人々に感動を与える。さらに、色合いだけでなく香りを楽しむことも春の醍醐味であり、日本人が日本人であることを実感できる。